2021.02.09

 2月9日(火)都内にて記者会見が行われ、3月21日(日) 東京ガーデンシアターで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.1~」の追加対戦カードが発表された。

 江川優生vs椿原龍矢のタイトルマッチが行われるフェザー級で、軍司泰斗と森坂陸のスーパーファイトが決定した。

 元K-1甲子園王者&元Krushバンタム級王者の軍司は、昨年12月のK-1両国大会からフェザー級に階級転向。その初戦で亀本勇翔をKOで下し、今回がフェザー級2戦目となる。森坂は今回がK-1スーパーファイト初参戦。多彩な蹴り技とバックブローなどトリッキーな技を得意とし、昨年の第5代Krushフェザー級王座決定トーナメントでは準優勝を果たした。過去には現K-1フェザー級王者の江川優生から勝利を収めたことも。

 中村拓己K-1プロデューサーは、この試合の見所について、「両者は約2年半前にKrushのリングで対戦し、そのときは軍司選手が判定勝利を収めている。軍司選手が前回以上に差をつけるのか? それとも森坂選手がリベンジするのか? 同じ日に行なわれる江川選手と椿原選手のフェザー級のタイトルマッチと並んで、この二人の試合にも注目してほしい」と語った。

 スーパーファイトでのK-1初参戦となる森坂は「今回勝って、次はKrushのタイトルを必ず獲って、またK-1に戻ってきて、K-1のメジャー選手になる」と今年のビジョンを明かしながら必勝を宣言。対する軍司も「(一度対戦して)やりづらい選手だった印象があるけど、今回の試合はしっかり何もさせずに自分がKO勝ちすことが目標」と一歩も引かず。

 森坂は子供が生まれたばかりの肌黒の軍司に対し、出産祝いも兼ねて日サロの10分無料券をプレゼントするなど、ファイトスタイル同様にトリッキーなトークで軍司を惑わせた。

軍司泰斗
「去年最後の試合をKO勝ちで終われることができました。今年初めての試合はK'FESTAで、最初の『K’FESTA.1』には出たことがあるんですけど、それ以降は出たことなくて。こういう形で呼ばれて、しっかりここで、いい結果で終わりたいと思います。(階級を上げての手応えは?)減量も若干楽になって、当日の動きが全然違っていて。この階級でやったほうが動きもよくて、倒せるかなというのは感じました。

(前回の対戦も踏まえて、いまの相手の印象は?)2年前以上にやったときは、すごいトリッキーで蹴り中心で、やりづらい選手だったなという印象があります。まあ、今回の試合はしっかり何もさせずに自分がKO勝ちすることが目標ですね」

森坂陸
「K-1ファンの方は僕を知らないかたもいると思うんですけど、僕はK-1本戦初出場で、いままでずっとKrushでやらせてもらってるファイターです。軍司選手とは二年半前くらいに一回やらせてもらっていて、そのときはボッコボコにされました(苦笑)。今回、軍司が階級を上げて、再戦することになったのですが、僕のほうが早く階級を上げて、身体もできていると思います。今回は全然不安もないし、リベンジマッチなので必ず勝ってやろうと思います。ここは自分にとって通り道でしかないんで。自分はもう今年のビジョンができてるんで、必ずいい勝ちかたして次につなげたいと思います。

(K-1スーパーファイト初参戦だが、自分のどんなところをアピールしたい?)ほかの選手とかぶらないトリッキーなファイトスタイルを見てもらいたいですね。得意技は蹴りとバックハンドブロー。あとは相手に思うようにさせないような技をたくさん持ってるので。ほかの選手とは違ったところを、K-1ファンのかたには見てもらいたいですね。『なんだ、コイツ? ヘンなヤツだな』って思われるくらいがちょうどいいので(笑)。

(前回の対戦も踏まえて、いまの相手の印象は?)軍司選手はあのときからパワーがあったし、身体がすごい強いなって思っていて。フェザー級に上げてきてから、なおさらパンチ力も身体の強さも上がってきてるのかなっていう印象ですね。あとは、これは元からなんですけど、たぶん軍司選手の印象っていったら、みんな一緒だと思うんですけど肌黒ですよね。肌が一段と黒くなったなっていう印象ですね。

 で、最近、SNSを見たんですけど、お子さんが生まれたということで。おめでとうございます。お父さんになったことで、守るものができた人はすごい強いと思うんですよ。それでより強くなってると思うので油断はできないですけど、今回は自分、絶対に勝たないといけない試合なんで。今回勝って、次はKrushのタイトル必ず獲ってから、またK-1に戻ってきて、K-1のメジャー選手になるっていうのが今年のビジョンなんで。貫き通したいと思います」

 

選手登録