2021.02.05

 2月5日(金)都内にて記者会見が行われ、3月28日(日)日本武道館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.2~」の追加対戦カードが発表された。

 才賀紀左衛門と玖村修平によるフェザー級スーパーファイトが決定した。才賀は昨年K-1への復帰を表明し、12月の両国大会で卜部弘嵩と対戦したが、弘嵩が体重オーバー、最後はローブローで反則勝ちという消化不良の試合となった。才賀にとって今回は仕切り直しの一戦となる。

 一方の玖村はK-1・Krushのスーパー・バンタム級戦線で戦い、昨年からフェザー級に階級アップ。Krushでは第5代王座決定トーナメントにも出場した。当初は1月にK-1代々木大会の日本vsタイ・対抗戦に出場予定だったが、今回は才賀との対戦となった。

 中村拓己K-1プロデューサーはこの試合の見どころについて、「年齢&キャリア的に玖村選手が才賀選手に挑む形、才賀選手が玖村選手を迎え撃つという形の試合となりました。新旧対決というところも見どころだと思いますし、3.21東京ガーデンシアター大会で江川優生vs椿原龍矢のタイトルマッチも決定しているなかで、フェザー級の日本人対決という部分にも注目していただきたいと思います」と語った。

 才賀は「前回は自分の中で悔しい結果だったので、前回みたいな結果にならないようにサクッと最初から倒しにいって、しっかりKOで勝ちたいと思います」、玖村は「このK'FESTAという大きな舞台で才賀選手という有名な選手と戦えることに感謝して、全力で倒しにいきたい」と、意気込みを話す。

 さらに玖村が才賀とは地元が同じで、学年はかぶっていないものの同じ高校の先輩・後輩の間柄であることを明かすと、全く知らなかったという才賀は驚きながら「僕が先輩らしくバチッと倒した方がより盛り上がる」と返り討ちを宣言。フェザー級の新旧対決というだけでなく、地元の先輩後輩対決という図式も明らかとなった一戦、勝ち名乗りを上げるのはどっちだ!?

才賀紀左衛門
「前回は自分の中で悔しい結果だったので、前回みたいな結果にならないようにサクッと最初から倒しにいって、しっかりKOで勝ちたいと思います。(前回から切り替えて、整理はついた?)うーん……難しいですよね(苦笑)。自分はこうやって格闘技ができているのも、自分のことを応援してくれている方や家族のおかげなので、そこは変わらずしっかり、いいパフォーマンスをしっかり出して、みんながもっと喜べる結果を出せるようにしたいと思っています。

(玖村選手と同じ地元・学校と知っていた?)全然知らなかったです。僕の後輩やったら、僕のことをどこまでどんな風に聞いてるのか分かんないけど、先輩らしく僕がバチッと倒して勝った方が、より盛り上がると思うんで、サクッと倒したいと思います。(ファンのみなさんへのメッセージは?)今回、地元の後輩の子とこうやって試合できるのは僕もうれしいんで、先輩らしくしっかり倒して、地元もそうやし大阪もしっかり盛り上げたいと思います」

玖村修平
「この『K'FESTA』という大きな舞台で才賀選手という有名な選手と戦えることに感謝して、全力で倒しにいきたいと思います。(K-1 MAXの頃から戦っている選手と戦うことについて)僕は大阪の堺市出身なんですけど、才賀選手は同じ高校の先輩なんですよ。K-1参戦が発表された時からやりたいなと思ってましたし、地元の先輩とかが、才賀選手がK-1で活躍する時にすごく盛り上がってたんで、僕がその才賀選手を倒すことによって、地元ももっと盛り上がると思うんで、倒したいと思います

(ファンのみなさんへのメッセージは?)この大会に出場できることを感謝して、地元の先輩の才賀選手を倒して地元から盛り上げて、日本武道館という大きな会場を盛り上げたいと思います」

 

選手登録