2020.12.25

 1月24日(日)国立代々木競技場第一体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4~」の[日本vsタイ・5対5・副将戦/-56kg契約/3分3R・延長1R]でデンサヤーム・アユタヤファイトジムと対戦する玖村将史のインタビューを公開!

――2021年の初戦が「K'FESTA.4」、兄弟揃っての「日本vsタイ・5対5」対抗戦出場となりました。どんな気持ちかお聞かせください。

「2020年にもう1試合やりたいなと思っていたんですけど決まらなくて。それでも年明けすぐに試合が決まって、しかも『K'FESTA』という大きな舞台で、相手もタイ人で強い相手なので、気合いが入ってます。来年1発目に兄弟で大きな対抗戦に出られるので、存在感を示したいです」

――対抗戦という形式で戦うことについては、いかがでしょうか?

「今回来るタイの選手もみんな強いと思うので、そのタイ人に対抗戦で勝てたらK-1のレベルの高さも証明できると思います。僕は対抗戦に出る日本人の中で1番レベルの高い試合、あいつはレベルが違うなというところを見せたいです」

――対戦相手のデンサヤーム選手の印象を聞かせてください。

「身長が高くてサウスポー、ポイントを取ってくるのが上手い選手かなって感じです。

――ムエタイは“立ち技最強”と言われることもありますが、ムエタイ・タイ人にはどんな印象を持っていますか?

「タイ人の選手はみんなテクニックがあって強いと思うんですけど、とくに問題ないです。去年の両国大会でタイの選手をKOしているし((スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント一回戦でペッパンガン・モー.ラタナバンディットに1RKO勝ち)、僕のスタイルはタイ人と相性もいいと思うので、日本人選手とやるのとあんまり変わらないです」

――デンサヤームは過去に武居由樹選手と対戦して苦しめています。そこは意識していますか?

「デンサヤームは武居選手といい勝負をしていて、どちらが勝ってもおかしくないような試合をしていたと思います。今回僕がデンサヤームを圧倒的に倒したら、どちらが強いか分かると思うので、今回は圧倒して倒そうと思います」

――先日武居選手がボクシングへの転向とK-1王座返上を発表しました。これについてはどう思っていますか?

「特に何も思わないです。向こうが格闘技を続けている限りはやり返そうと思っているし、競技が変わってもやり返すという気持ちは変わりません」

――K-1では空位になっているスーパー・バンタム級のベルトを狙うことになると思います。

「すぐにでもベルトは獲りたいです。ベルトに絡む試合を組んでもらえたら、いつでもベルトを獲れる・チャンピオンになる準備ができているので、あとはそのタイミングを待つだけです」

――それでは兄弟で揃って臨む対抗戦に向けて、ファンの方へのメッセージをお願いします。

「今回の『K'FESTA』は対抗戦が大会のメインになると思うので、その中で兄弟でしっかり結果を残して、来年は玖村兄弟の年にしようと思ってます」

 

選手登録