2020.12.24

 12月24日(木)K-1ジム相模大野KRESTにて、1月24日(日)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4~」の[スーパーファイト/女子-46kg契約/3分3R・延長1R]で山田真子と対戦するMIOが公開練習を行なった。

 2分1Rのミット打ちで、パンチ、ミドル、ヒザ蹴りなどを一心不乱に打ち込んだMIO。公開練習後にはインタビューに臨んだ。今回の山田戦がK-1ルール2戦目となるMIOだが、K-1デビュー戦となったのは9.22大阪大会では、元Krush女子アトム級王者の高梨knuckle美穂相手に悔しい判定負け。ほろ苦いK-1デビューとなった。

 高梨との試合では「自分の動きがほとんどできなくて、凄くフワフワしていたなという感想です。自分的には同じ立ち技やし、まあ行けるやろうって思ってたんですけど、いざ試合形式でやってみると、まあ違いましたね」と、初めてのK-1ルールへの適応に苦しんだ。

 試合から離れていた期間もあり、実戦不足も実感。その後、出稽古などで同じ階級の女子選手のいるジムに通い、スパーリングを中心に実戦の勘を取り戻す練習に取り組んだ。「もう同じ失敗はしてはいけないと思っているので、次の試合はちょっとガツガツに行きたいなと思っています」と、次戦に懸ける想いも強い。

 対戦相手の山田の存在は、小学生の頃から意識していたという。「面識はないんですけど、彼女も小さい時からやっていて、その頃から強くて有名で、メディアとかでも取り上げられていたんで、自分の中で凄く意識していました」と告白したMIO。その後、山田がキックボクシングからボクシングに転向したため、対戦できる機会を失ったかと思っていたが、まさかのK-1での遭遇となった。

「率直にうれしいです。当時いつかやろうんだろうなとか、周りに『やったらおもしろいんじゃない?』って言われてたので、本当に小学生の時に戻った気分というか、その時に教わっていた先生に報告したいですね(笑)」と、山田との試合が実現したことに関して、喜びの感情もあるようだ。

 その山田はキックボクシング、ボクシング、K-1とこれまでプロでは無敗という戦績を誇る。「結構なキャリアがある中で、まだ無敗っていう。戦ってわかる強さがあると思います」とMIO。しかし「勝ったらオイシイなとは思っています。初黒星をつけたいです」と、無敗の女王に初めての苦杯をなめさせ、自身のK-1でのステップアップに利用するつもり。

 不本意だったK-1デビュー戦を糧に、2021年は「たくさん戦って、K-1でのMIOのストーリーを築き上げたいなと思います」と、K-1の舞台での飛躍を誓う。

 

選手登録