2020.12.14

 12月14日(月)「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1冬の大一番~」両国国技館大会の一夜明け会見が行われた。

 第3試合のスーパーファイトで亀本勇翔と戦った軍司泰斗は、今回がフェザー級に階級を上げての初戦。2Rに左フックでダウンを奪った軍司は、そのまま攻撃の手を緩めず、再び左フックを炸裂させて、亀本から2RKOという形で、階級転向初戦を白星で飾った。

「当日はスーパー・バンタムの時より全然動けたなというのは感じましたね」と、フェザー級での戦いに手応えを感じた軍司。「パワーの部分では全然違うなというのは当てた感じであったんで。フェザー級にしてからは結構KOできるかなというのは実感したんで、もっと試合して、KO狙っていきたいなというのはありますね」と、KO量産に自信を持てたようだ。

 かつてKrushのリングではバンタム級王座を奪取したこともある軍司だが、新たな階級となったフェザー級ではK-1王座に照準を定めている。現在、フェザー級王座は江川優生が保持。「チャンピオンが目標なんで、まずそこに行けるようにしっかり強い相手とやって、一人ずつぶっ倒していこうかなっていうのがありますね」と、段階を踏んでの王座獲りを宣言。2020年の最後に新たな戦場で幸先良いスタートを切り、2021年はKOの量産で頂点を目指す。

軍司泰斗
「フェザー級に階級を上げて初戦ということもあって、こういう形で2RKOできて良かったんですけど、いろいろ反省点もある試合だったというのはありますね。(フェザー級に階級を上げて戦ってみた手応えは?)やっぱり減量もだいぶ楽になって、減量終わってリカバリーして、当日の動きも全然違かったんで、当日はスーパー・バンタムの時より全然動けたなというのは感じましたね。

(解説の魔娑斗さんが、昨日の戦い方が『一発で決めてやる』というふうに見えたと言っていたが、実際は?)ちょっとムキになりすぎちゃって、パンチ一発で倒そうという気持ちが強かったんで、そこも反省点の一つなんで。そこで倒せて良かったんですけど、いろいろ技を試したかったなというのはありました。(攻撃面ではどう変わった?)パワーの部分では全然違うなというのは当てた感じであったんで。やっぱり、この階級、フェザー級にしてからは結構KOできるかなというのは実感したんで、もっと試合して、KO狙っていきたいです。

(2021年の目標は?)チャンピオンが目標なんで、まずそこに行けるようにしっかり強い相手とやって、一人ずつぶっ倒していこうかなっていうのがありますね。(強豪揃いのフェザー級で狙っているところは?)K-1のチャンピオンである江川選手をはじめ、いろいろ強い選手もいっぱいいるんで。その中でフェザー級はやったことのない選手もいっぱいいるんで、そういうやってない選手とやって、ぶっ倒していきたいです。(ファンの皆様へのメッセージは?)今回KOという形で倒せて、これから来年に向けてしっかり仕上げて、このフェザー級という階級のトップまで行こうと思っているので、応援よろしくお願いします」

 

選手登録