2020.12.14

 12月14日(月)、「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1冬の大一番~」両国国技館大会の一夜明け会見が行われた。

 第9試合のK-1スーパー・フェザー級スーパーファイトで、山本直樹に判定勝利を収めた村越優汰。昨年から武尊、レオナ・ペタスに2連敗を喫している中で、背水の陣で臨んだ試合だったが、1Rに山本からダウンを奪うと終始持ち前の高度なテクニックを発揮。山本を完封と言っていい内容で下し、連敗を脱出した。

 試合から一夜明けて村越は「昨日の試合はどうしても勝ちが欲しいって言ってたんで、しっかり勝ちを獲りに行けたんでホッとしています」と安堵の表情を。2021年の明確に目標として、武尊・レオナとの再戦を掲げ「2人は1月の『K'FESTA.4』で対戦しますけど、僕はその2人に負けてるんで、絶対やり返さないといけない。自分はどっちともやって、どっちともに勝たないといけないというのはありますね」とリベンジ宣言。

「この階級でやっている以上は一番上の人の所まで行かないと目標がない、意味がないと思うんで、やっぱり一番上に行きたいですね」と、K-1スーパー・フェザー級王座奪取も視野に入れ、「これからさらに進化しないといけないと思うので、レベルアップしますんで、よろしくお願いします」と、2021年のさらなる進化を誓った。

村越優汰
「昨日の試合はどうしても勝ちが欲しいって言ってたんで、しっかり勝ちを獲りに行けたんでホッとしています。(連敗を脱出した率直な心境は?)本当に凄いプレッシャーがあったんで、もう負けられないという中での試合だったんで、勝った時は本当にホッとしましたね。でも、ここで気を抜けないんで、こっから先も気を張ってやっていきたいと思います。(宣言通りの完封するような試合だったが、試合の出来は?)いやあ、でも、俺の中ではまだですね。結構後半最後のほうが、ちょっと俺的には印象が良くなかったんで。そこをもうちょっと修正したいなと思いました。(クリーンヒットはなかったが、山本選手が終盤前に出てきた時はどんな心境だった?)山本選手、凄く気持ちも強くて、常に前に出てきて、プレッシャーも凄かったし、戦っていて凄く嫌だなという感じでしたね。

(K-1らしい試合が求められるが、今後はどんなスタイルを求めていく?)俺は俺のスタイルを貫くだけなんで。やっぱ、俺の技術、テクニックを見せて、完封っていうところが俺のスタイルなんで、そこでプラスアルファ自然に相手が倒れることもこれから先あると思いますし、昨日も倒すという意識はそんなになく、自然と流れの中で相手が倒れたんです。そこが進化していけば、自然と(K-1らしい試合を)見せられると思います。(2021年の展望は?)この階級でやっている以上は一番上の人の所まで行かないと目標がない、意味がないと思うんで、やっぱり一番上に行きたいですね。

(1月の『K'FESTA.4』での武尊vsレオナの試合はどんな予想をしている?)試合はやってみないとわからないと思うんですけど、どっちも凄く強い選手なんで、打ち合う展開になるんだったら武尊選手が有利な展開になると思いますし、うまく戦うんだったら、レオナ選手の可能性ありますし、自分も凄く楽しみに待っていますね。(来年はその勝者と戦いたい?)もちろん。その二人に負けてるんで、絶対やり返さないといけないと思っていますし、とりあえずその試合が終わらないと、もちろん勝者と敗者が生まれるわけなんで、自分はどっちともやって、どっちともに勝たないといけないというのはありますね。(ファンのみなさまへのメッセージは?)連敗を脱出したということで、今は凄くうれしい気持ちで、久しぶりに勝ちを手にして、勝ちってこんなにうれしいことなんだなって久々に思っています。これからさらに進化しないといけないと思うので、レベルアップしますんで、よろしくお願いします」

 

選手登録