2020.12.14

 12月14日(月)、「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1冬の大一番~」両国国技館会の一夜明け会見が行われた。

 ゴンナパー・ウィラサクレックはメインイベントでライト級王者・林健太の持つタイトルに挑戦。3年前にKrushのリングでKOしている林とのリマッチとなったが、今回はパンチの林vs蹴りのゴンナパーという図式で一進一退の攻防に。3Rまで及んだ試合は判定2-0でゴンナパーに軍配が上がり、ゴンナパーが悲願のK-1王座奪取を成し遂げた。

 一夜明け会見でゴンナパーは、林について「かなり技術的に向上していた。パンチのコンビネーションが前とはすごく変わり、スタミナも前回よりついてた」と評価すしつつ「2Rで自分が勝てると確信した」とコメント。同大会でKO勝利を収めた朝久泰央が次期挑戦をアピールしたことに関しては「いずれ戦わなければいけない相手だというのは分かっている。もし試合が決まったらベルトを防衛できるように万全の体勢で臨みたい」と臨戦の構えを見せた。

ゴンナパー・ウィラサクレック
「今は目標を達成できて、たいへんうれしい気持ちだ。(ベルトを獲って、この会見までは何をしてすごした?)試合が終わってからジムに帰って、みんなで食事をしてゆっくり休んで、今朝起きてこの会見に向けて準備をしてきた。(KrushとK-1のベルトを二本担いだ気分は?)何と言ったらいいのかわからないけど、二本のベルトを巻くことができて誇りに思っている。(K-1のベルトを獲ると、Krushのベルトを返上する選手が?)自分としては、もしKrushのベルトを返上ということになったら返上すると思う。

(どのようなチャンピオンになっていきたい?)自分としてはこれまで以上に練習を積んで、試合に臨んでいきたい。ほかの選手と比べても、一番長くチャンピオンでいられるように、これからも精進していきたい。スポーツは必ず勝ち負けがつくものなので、勝つためにはタイミングや体調やいろんなことがあって、そのうえでチャンピオンでいられると思う。ベルトをずっと守っていけるようにがんばりたい。

(朝久選手がタイトル挑戦をアピールしているが?)自分としても今後、朝久選手は戦わなければいけない相手だというのはわかっている。もし試合が決まったらベルトを防衛できるように万全の体勢を取って臨みたい。

(試合後にもっと有名になりたいと話していたが?)昨日K-1チャンピオンになったことで、有名になるという目標を少しは達成できたと思う。これから防衛することでさらに有名になれると思っている。(何が林より上回ったから勝てたと思う?)蹴りがあるという部分だ。パンチと蹴りを両方使えるという意味で、林より上回っていたと思う。これからも林は同じ階級にいるので、今後も対戦するチャンスがないということは決してないと思う。自分としてもK-1ルールでの技術を向上して、さらに強くなって、もし機会があれば林と対戦することもありえると思う。

(タイトルは何度防衛したい?)できるかぎり防衛は続けたいと思う。2~3回防衛するのはたしかで、そのあとも防衛のために全力を尽くしたい。(林が前戦と変わったと思うところは?)かなり技術的に向上していた部分は感じた。とくにパンチのコンビネーションが前とはすごく変わっていたし、スタミナも前回よりはついてたと思う。(勝ちを確信した場面は?)2Rで自分が勝てると確信した。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)昨日の試合では自分の目標だった、K-1チャンピオンになることを達成できた。これで家族の元にベルトを持ち帰ることができるので、喜んでくれると思う。天国に行ってしまった父も、空の上で息子の姿を見て幸せを感じてくれてるんじゃないかと思う。タイのファンのみなさま、日本のファンのみなさま、本当にありがとう。これからも最高のチャンピオンでいられるように、自分の義務を果たしていきたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします」

 

選手登録