2020.12.14

 12月14日(月)、「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1冬の大一番~」両国国技館会の一夜明け会見が行われた。

 第7試合に登場した朝久泰央はタフさと強打を誇る“栃木のハードパンチャー”蓮實光をボディへのヒザ蹴りでKO。3月の林健太、9月の弘輝に続き、K-1のリングで3連勝を収めた。一夜明け会見で「蓮實選手はどれだけ攻撃を食らわせても全然倒れてくれなかったし、最後まで一発でひっくり返すような強さを感じた」と振り返った朝久。

 メインイベント同階級の王者・で林が敗れ、ゴンナバー・ウィラサクレックにライト級王座が移動したことに関して「僅差ながらでも上回ったゴンナパー選手の強さを感じた試合。次、このベルトを獲るのはオレだなって気持ちになった」と語り、次期挑戦に向けて意気込んだ。

朝久泰央
「押忍、朝久道場の朝久泰央です。昨日はたくさんの応援、ありがとうございました。対戦していただいた蓮實選手の人間力を感じたとても勉強になる、いい試合だったと思います。(蓮實選手がタフでなかなか倒れなかったが、試合中はどんな気持ちだった?)栃木まで吹っ飛ばすくらいの気持ちでやったのですが、どれだけ倒せそうな攻撃を食らわせても全然倒れてくれなかったし、最後まで一発でひっくり返すような強さを感じました。

(ライト級での手応えは?)階級を上げてから、けっこう倒すようになったんですけど、階級を上げたからっていうよりも、20戦を超えたからどんどん倒しに行ってもいいなって。それが道場の考えでもあるし、これからもっと倒していけると思います。昨日の試合を見てわかったと思うんですけど、攻撃をよければ、僕は階級も関係ないと思ってるんで、どんどん上の階級にも挑戦したい。相手がヘビー級でも攻撃をもらわずに、一撃当てれば人間は倒れると思うので、一番デカいヤツまでやっつけたいと思ってます。

(メインで王座が移動したが?)会場で生で観させていただきました。林チャンピオンの強さは戦った自分やゴンナパー選手がよくわかると思うんですけど、一般的にはちょっとわかりづらい強さなんですよ。あれだけのパワーを身に付けるだけでも林チャンピオンがどれだけ練習してきたかというのもわかるし。林チャンピオンが持ってたからこそのK-1のベルトが輝いていたと思います。そういったところを僅差ながらでも上回ったゴンナパー選手の強さを感じた試合だし、次、このベルトを獲るのはオレだなって気持ちになりましたね。

(ゴンナパーの強さについては?)母国を思う気持ちの強さと、家族愛をとても感じました。もちろん、僕は日本をあたりまえのように好きなんですけど、異国の地で戦うゴンナパー選手の離れた国を思う気持ちの強さを感じました。でも技術的な面に関しては、僕も自信あるし、スピードもパワーも自信あります。

(タイトルに挑戦する時期はいつがベスト?)ゴンナパー選手も国に一回帰るというのをチラッと耳にしました。僕としては試合前から足の骨が折れてる状態で、ケガを万全に治した状態で。ゴンナパー選手も日本に戻ってきてちゃんと練習して、お互いがベストな状態で戦えればそれが一番いいと思います。

(試合前に足の骨が折れていた?)そうですね。試合に出る選手はそれだけ練習してると思うし、少なからずみんなケガしてるので、そんな大したことではないと思うんですけど。前回の弘輝選手との試合のときに足の骨が二本折れていて、弘輝戦のあとに今回のオファーをいただいて、その頃はまだ折れてると分かっていなかったので、試合を受けると言って。そうしたら痛みがひかなくて調べていくうちに骨折していることが分かって。そこを治療しながら、田んぼの畑道を軽トラをゆっくり押したり、工夫しながら練習していました。

(骨が折れていたのは?)右足ですね。解説のときに魔裟斗さんが言ってたと思うんですけど、オーソドックスで動くと骨がうずいて、サウスポーだと俊敏に動けたんです。そういったところも魔裟斗さんが解説で言ってくださってて『ウワー、スゲーな』と思いました。オーソドックスは多少負担がありましたけど、気持ちとみなさんの応援のおかげで乗り越えることができたと思ってます。

(上の階級の選手と戦いたいというのは、本人の中では現実的な話?)そうですね、現実的な話で考えてます。この階級ではハッキリ言って、僕はタイトルマッチしか相手がいないと思ってるんで。この階級に出るならタイトルマッチだけしかしないくらいの気持ちでいます。上の階級に関しては65だったり67.5だったり、そのためのスーパーファイトっていう仕組みがあると思うので。スーパーファイトでよければ、65でも70でも何kgでも、僕はこの身体でやっつけようと思ってます。

(階級が3~4つ上でも構わない? 空手の強さを見せてやるという意欲?)そうですね、朝久空手はどんな相手でも倒せるのが強みだと思ってるんで。ヘビー級のパンチでも当たらなければ子どものパンチと変わらないので。スピードを活かして、頭に一撃食らわせれば倒せると思ってます。

(ゴンナパー選手の家族愛について触れていたが、朝久選手も昨日の試合後におばあさまが誕生日だと話をしていた。おばあさまに連絡は?)もちろん、直接は会ってないですけど、家族を通してのメールのやりとりで、とても喜んでたっていう話を聞いて。また地元のほうに帰って、落ち着いたら集まって誕生日を祝いたいなと思います」

 

選手登録