2020.12.08

 12月8日(火)東京・梅島のJOKER GYMにて、12月13日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1冬の大一番~」の[スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]で瓦田脩二と対戦する大沢文也が公開練習を行なった。

 7月のKrush後楽園大会で蓮實光にKO負けを喫した大沢。約5カ月ぶりの再起戦へ向け、公開練習としてパンチのミット打ちを披露し「コンディションは普通ですね。普通がいいかなと思うんで」とこれまで通りの練習を続けてきた。

 改めて蓮實戦のKO負けについて聞かれた大沢は「まだ消化してないですね、ずっとモヤモヤしてます」と苦笑い。敗因は自分の慢心だったと明かす。

「僕、試合前は必ず勝つパターンだけじゃなくて負けパターンも考えるんですよ。でも蓮實戦は一切負けパターンが浮かばなくて、1mmも自分の負けパターンを考えなかったんです。きっとそれが敗因だったと思います。

(蓮實が想像以上だった?)そんなことはないですよ。1Rが終わった時にパンチが遅くて重くもないから、余裕だったんです。それで2Rに足を止めて打ち合おうと思ったら、そのままやられちゃいました自分が一番やっちゃいけないことをやっちゃいましたね。(試合前に蓮實は格闘IQが低いと言っていたが?)いじわるな質問だな(苦笑)。今でも蓮實選手は格闘IQが高いとは思わないですよ。でも格闘IQが高いから勝つわけじゃないし、それと勝率は別です」

 対戦相手の瓦田は練習を共にし、試合前にはアドバイスを送ることもある後輩だ。大沢は「後輩とやるのは初めてのことで、複雑…よく分からない言葉では表しづらい気持ちですね」と複雑な心境を明かしつつ「後輩に負けたくない?」という質問には「そういうことは全く思わないです。格闘技に年齢は関係ない」と断言した。

 今大会ではメインイベントでライト級王者・林健太と挑戦者ゴンナパー・ウィラサクレックが激突。大沢が苦杯をなめさせられた蓮實と朝久泰央の一戦が組まれるなど、K-1ライト級は個性・実力を伴う選手が集まる階級になってきた。大沢は混沌のライト級での戦い向けて「今は挑戦者の気持ち。こういう状況の僕は強い」と話した。

「ちょっと前までライト級は層が薄いと思っていたんですけど、ここ最近で一気に厚くなってきたと思います。でも逆にそれがいいのかもしれないですね。去年まで自分はライト級のトップにいたと思うんですけど、今は色んな選手が集まってきて、自動的に僕は追いかける側になったと思います。で、こういう時の僕は強いですよ。(挑む気持ち?)そうですね。久しぶりに挑戦者の気持ちですね。こんなの2018年12月のK-1ライト級世界最強決定トーナメントで準優勝して以来です」

 最後にファンへのメッセージを求めると「みなさんには申し訳ないけど」と前置きし「今回は勝てればいいです。泥臭くても、つまらなくても、アンチにごちゃごちゃ言われても…。僕はしばらく勝ってないんで、結果を出すことが一番」と勝利への執着を語った大沢。「泥臭くてもなんでもいいんで死に物狂いで勝つところを見てください」という言葉通り、復活の勝利を収めることができるか?

 

選手登録