2020.12.03

 12月3日(水)都内・クロスポイント吉祥寺にて、12月13日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]で鈴木勇人と対戦する不可思が公開練習を行った。

 トレーナーのミットにパンチ、ミドル、前蹴りなどを打ち込んでいった不可思は「体調もコンディションもすごくいい感じです。追い込みのピークは終わって、疲労を抜きつつ、最後の仕上げって感じですね」と、試合まで10日というタイミングで好調な仕上がりをアピール。

 鈴木との試合については「一番警戒するのは、やっぱり左ミドルが強いところです。そこを踏まえた上で練習してきました。自分のいいところを思いっきり出せば勝てると思ってます」と自信を見せる。

 9月のK-1大阪大会では平山迅に敗れ、3月のタイトルマッチに続いて2連敗。平山戦後には「K-1スタイルに合わせていい形で仕上がっていたが、試合で出せなかった」と敗戦の弁を述べていた。今回はその部分についてもしっかり修正できたという。

「何であんな試合になっちゃったかという原因もしっかり分かりましたし、改善するべきところもたくさん分かりました。この前の試合があったおかげで、本当にいい感じで出来上がってます。前回は試合中も、戦いながらずーっと考えちゃってたので、動きもよくなかったですし、そんな風じゃお客さんにも面白いものは見せられない。今度はもう自分も楽しんで、自分のいいところ全開で爆発させて、お客さんたちに楽しんでもらいたい、楽しませたいという気持ちが強いですね。勝った負けただけじゃないところで、楽しませたいです」

 平山戦で自分の良さを出せなかったのは、考えすぎてしまったことが原因という不可思。その傾向は試合前からだったという。

「色々と考えてしまって『これが絶対いい』と思ってやったことがダメで。自分は考えすぎず、のびのびと自由に楽しんで戦うのが、一番良さが出るんじゃないかというのはハッキリ分かりました。今度の試合に向けても、練習ものびのびと楽しく頑張ってやってきました。やっぱり楽しむのが一番だなと。最近、そういう気持ちを忘れていて、昔みたいに燃えるような感じで格闘技を楽しめてなかったんで。自分の原点の気持ちを思い出しました。いろいろ考えてたけど、『俺、やっぱそういうキャラじゃねえな』と」

 不可思はさらにこうも続ける。

「K-1に来て最初の頃は楽しめてたんですけど、今年のはじめぐらいから謎に落ち着き始めちゃって。前回の試合前もやけに落ち着いてて、ギラギラしたものがなくて。K-1に来たときはギラギラしてたんですけどね。落ち着いちゃった原因も分かったので、今回は大丈夫です。その原因? まあ、いつか話します(笑)」

 一時は連続KOで流れを掴んだかに思えたが、ここに来て連敗。「K-1の難しさを感じるか?」という質問には、「そりゃあもちろんレベルは高いなと思います。でも、誰が何と言おうとK-1のベルトは獲るつもりでいるので、そこの気持ちは全然変わってないです」と、K-1 JAPAN GROUP参戦当初からベルトという目標が変わっていないことを改めて表明した。

 K-1スタイルへのモデルチェンジの完成度を問われると、「そういうのもあんまり考えてないです。とにかく今回は自分らしく、自分の良さを出して思いっきりやろうという感じです。それでいい感覚が掴めてるので、いい試合は絶対に見せられるという自信はあります」と返答。

 この日何度も繰り返し言っていたように、今回のテーマは「自分らしさを出してのびのびと戦うこと」。そうして結果を出し、今年を締め括るとともに来年につなげたいところだ。

「来年のことも考えたら、そりゃいい結果で終わってつなぎたいっていうのもありますし、やっぱり1年の最後、勝って気持ちよく楽しく年を越したいですね。倒したい、KOしたいです。こうやって倒そうというイメージも何となくできてるんで」

 最後は「熱い試合を見せて、思いっきり盛り上げて勝つんで、応援よろしくお願いします」と締めた不可思。自らが楽しんで観客を楽しませ、連敗脱出することができるか?

 

選手登録