2020.11.02

 11月2日(月)福岡市内にて、開催を明日に控える「ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1九州初上陸~」福岡国際センター大会の前日会見が行なわれた。

 第4試合は山田真子と優による女子アトム級のスーパーファイト。ボクシングの元WBO女子世界ミニマム級王者という肩書も持ち、プロ戦績はキックボクシングも含めて無敗という山田は、昨年の11.8「Krush.107」以来、1年ぶりのK-1 JAPAN GROUPのリング登場だ。地元・福岡県糸島市出身ということで、初参戦となるK-1のリングで凱旋を飾ることになった。

 地元のメディアにも多く取り上げられ、注目度も高い山田は「(優は)パンチ、フィジカルが強そうというイメージがあります。でも自分が練習でやってきた試合運びができれば問題なく勝てると思う」と自信たっぷりにコメント。対する優もK-1のリングは初登場となるが、「実は去年ぐらい福岡に住もうと思って物件を探していた」と福岡愛をアピール。「二人でいい試合ができたらなと思います」と、明日の試合に向けて意気込んでいた。

 第3試合のK-1ライト級スーパーファイトは長崎県佐世保市出身・水町浩と福岡県福岡市出身・竜樹の九州勢同士の対決。K-1のリングには実に約3年10カ月ぶりの登場となる水町は「お互い地元なんで、負けられない。いい試合ができると思います」とコメント。竜樹も、「地元の友達だったり、知り合いだったりが見に来てくれるんで、いつもよりも気合いが入ります」と、水町同様、地元対決に強い思いを示していた。

 第2試合では、K-1ジム琉球チーム琉神の代表を務める小鉄が、地元・福岡県久留米市出身の絢太とK-1スーパー・ウェルター級スーパーファイトで激突。K-1ジム琉球の代表としてはこれが2戦目となる小鉄は「来年はK-1沖縄大会を開催したいんで、そのためには自分がまずは結果を残して、盛り上げないといけない。負けられないですね」と、沖縄大会実現に向けて必勝を誓う。一方の絢太はK-1 JAPAN GROUP初参戦の舞台が、地元でのK-1のリングとなった。「一番は気持ちで負けないことですね。気持ちで勝って、技で勝って、攻撃で勝ちたいです」と、気持ちを武器に戦うことを宣言した。

 今大会のオープニングマッチを務めるのは、九州にほど近い鳥取県米子市出身である元Krushバンタム級王者の晃貴と、地元・福岡県嘉穂郡出身の壬生狼一輝だ。着物姿で会見場に姿を現した壬生狼は、「おい、晃貴! 俺はお前の噛ませ犬じゃないぞ。噛みつくならしっかり噛みついてこいよ」と、元プロレスラーの長州力さんの名セリフでアピール。この壬生狼のパフォーマンスにはさすがの晃貴も苦笑いをしたものの、「バチバチ殴り合って、ふざけた野郎を倒すんで、皆さん応援よろしくお願いします」と最後は怒り気味に鼻息を荒くしていた。

壬生狼一輝
「明日はK-1の興行の本戦の第1試合なので、しっかりそれに見合う試合をして、会場を最初から盛り上げていきたいと思います。応援よろしくお願いします。(第1試合は火付け役とも言われているが、対戦相手を見てどういう試合をしたいか?)おい、晃貴! いいか? 俺はお前の噛ませ犬じゃないぞ。おい、いいか? 噛みつくならしっかり噛みついてこいよ」

晃貴
「今回めっちゃ調子がいいんで、明日は倒しに行きます。(第1試合は火付け役とも言われているが、対戦相手を見てどういう試合をしたいか?)壬生狼選手が何を言いたいかわからないですけど(苦笑)、しっかり自分がバチバチ殴り合って、ふざけた野郎を倒すんで、皆さん応援よろしくお願いします」

絢太
「明日は夢にまで見たK-1の舞台なので、全力で勝たせてもらいます。応援よろしくお願いします。(K-1 JAPAN GROUP初参戦でどういうところをアピールしたい?)僕は負けない気持ちが……日頃から本当に負けず嫌いなんで、そういう気持ちだったり、一番は気持ちで負けないことですね。気持ちで勝って、技で勝って、攻撃で勝ちたいです」

小鉄
「沖縄から来ましたK-1ジム琉球チーム琉神の小鉄です。明日は第2試合で、第1試合は盛り上がると思うんで、そこから落とすことなく、しっかり盛り上げて勝ちたいと思ってます。(K-1ジム琉球の代表として2戦目となるが、それも含めてどういう試合にしたい?)今回新生K-1初の九州進出ということで盛り上がってると思うんですけど、来年は沖縄大会をやりたいんで、そのためには自分がまずは結果残して、盛り上げないといけないと思っているんで、いつもそうですけど、負けられないですね」

竜樹
「自分でも過去最高なぐらいに仕上がりがめちゃくちゃいいんで、明日はしっかり盛り上げるんで、楽しみにしていてください。(九州のファンにどういった試合を見せたい?)僕も普段は東京で試合をしていて、見に来られない地元の友達だったり、知り合いだったりが見に来てくれるんで、いつもよりも気合いが入りますし、しっかり盛り上げる試合をしたいと思います」

水町浩
「九州は長崎佐世保市出身の水町です。福岡開催のK-1、自分の地元の九州で開催されることをうれしく思います。相手も同じ九州、お互い地元なんで、負けられない。いい試合ができると思います。応援よろしくお願いします。(九州のファンにどういった試合を見せたい?)特に九州の人はそうだと思うんですけど、地元のことが本当に好きで、仲間や地元が本当に好きで、その仲間にいい試合を見せたいとか、試合じゃなくても、故郷に錦を飾るじゃないですけど、そういう気持ちが九州の人は強いと思うんですよ。相手も九州で、自分も九州が地元。凄く熱い試合になるんじゃないかなと思っております」


「福岡は凄い大好きな所なので、福岡で試合できることを凄くうれしく思っています。明日は応援よろしくお願いします。(女子にしか見せられないものがあるという発言があったり、福岡は第二の故郷という発言もあったが、どういう試合をしたい?)相手は無敗の元チャンピオンの山田真子ちゃんですけど、フィジカルもそうですけど、テクニックも(山田に)負けることなく見せていければと思います。福岡は本当に年に1回や2回は来る街でして、お友達も多いですし、本当に大好きな……去年ぐらい普通に物件探してました、福岡の(笑)。住もうと思ってて。それぐらい凄い魅力的な街だと思っているんで、2人でいい試合ができたらなと思います」

山田真子
「明日は自分のコンディションもバッチリなので、いい試合をして会場を盛り上げられるようにがんばります。(福岡出身ということで地元のメディアに取り上げられてるが、そのことについてどう考えてる?)取り上げてもらったことは凄くうれしいし、それでこの福岡大会開催を知らなかった人たちに知ってもらったり、興味持ってくれてたら、それはそれで光栄だなと思います。(優選手に対してどういう試合をしたい?)パンチ、フィジカルが強そうだなというイメージがあるんですけど、今まで練習でやってきた試合運びだったりができれば問題なく勝てると思うんで、がんばります」

 

選手登録