2020.10.12

 10月12日(月)都内にて記者会見が行われ、12月13日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」の第1弾対戦カードが発表された。

 村越優汰vs山本直樹のK-1スーパー・フェザー級スーパーファイトが決まった。K-1やKrushでも激戦区のスーパー・フェザー級で実現した一戦、会見に同席した中村拓己K-1プロデューサーは「スーパー・フェザー級の生き残りを懸けたシビアな試合になる」と語った通り、両者にとって負けられない一戦となる。

 2018年6月に王座決定トーナメントを制し、第2代K-1フェザー級王者となった村越だが、昨年タイトルを返上して階級をスーパー・フェザー級に変更。しかし、武尊、レオナ・ペタスに連敗し、まだ結果が出ていない状況だ。今回の試合は、3.22「K’FESTA.3」でレオナに敗れて以来、およそ9カ月ぶりの試合となる。久々の試合を、前に「とりあえず試合ができることがうれしいです」と語った村越だが「階級上げてまだ勝ててなくて、どうしても勝ちが欲しいと思っている。なんとしてもここは勝ちたいと思います」と、勝ちに飢えている様子。

 対戦相手の山本については、「持っているものも凄くバランスもいいですし、いい選手だなという印象があります」と評価していたが、下剋上を許す気持ちはない。「純粋にもう負けられないと思っているので、気合いも入っている」と闘志を燃やすと、山本が自身の三日月蹴りを警戒しているというコメントを聞いて、「相手が警戒してくれてるんで、三日月蹴りで倒してもいいかなと。警戒しているところで倒したいと思います」と、下からの突き上げを圧倒的な技術で弾き返す腹づもりだ。

 この村越に挑む山本は、かつてK-1やKrushのリングで活躍した山本優弥の弟。昨年はレオナのKrushスーパー・フェザー級王座に挑戦するなど順調にキャリアを重ね、ここ2試合で連勝を飾り、満を持してのK-1スーパーファイトに初登場だ。「村越選手はフェザー級の元チャンピオンですし、武尊選手、レオナ選手と戦っている凄い上のクラスの選手」と、村越を評した山本。しかし、今回の試合は自身をステップアップさせるビッグチャンスと捉え「そういう選手を倒していかないと自分はベルトに近づけないと思うので、しっかり倒したいと思う」と続けた。

 村越の技術に関しては「特に三日月蹴りが威力があるんで、打ってきたら自分も打ち返して、指を折らないように気をつけようと思います」と警戒。「村越選手は技術が凄く高い選手だと思っていて、自分は最近技術より根性でなんとかしているんですけど、今回の試合は技術で圧倒して勝ちたいと思います」と、村越と技術で張り合うことを宣言していた。

山本直樹
「優弥道場の山本直樹です。9月に試合してなんとか勝って、すぐに12月K-1でオファーをいただき感謝しています。対戦相手はフェザー級の元チャンピオンで、今はスーパー・フェザー級でチャンピオンクラスの選手です。相手が凄く強い村越選手と聞いて、今はワクワクしています。(オファーを受けた時、最初に相手の名前を聞いた時の心境は?)さっきも言ったんですけど、村越選手はフェザー級の元チャンピオンですし、武尊選手、レオナ選手と戦っている凄い上のクラスの選手だと思います。でもそういう選手を倒していかないと自分はベルトに近づけないと思うので、しっかり倒したいと思います。

(お互いのファイターとしての印象は?)村越選手は自分がもらわずに当てて、技術が凄く高い選手だと思っています。自分もそういう選手になりたいんですけど、最近は技術より根性でなんとかしているんで、今回の試合は技術で圧倒して勝ちたいと思います。(村越選手の蹴り技については?)多彩だなと思います。特に三日月蹴りが威力があるんで、打ってきたら自分も打ち返して、指を折らないように気をつけようと思います。(相手は元王者でビッグチャンスだが?)自分はK-1でスーパーファイトは初めてですし、対戦相手がフェザー級の元チャンピオン、トップ選手なんで、そういう相手を倒せばだいぶ上に上がれると思います」

村越優汰
「今回試合が決まって、3月ぶりの試合で久々なんで、とりあえず試合ができることがうれしいです。階級を上げてまだ勝ててなくて、どうしても勝ちが欲しいなと思っているんで、なんとしてもここは勝ちたいと思います。(オファーを受けた時、最初に相手の名前を聞いた時の心境は?)僕は今負けてるんで、相手を選ぶ権利はないんで、しっかり目の前の敵を倒したいと思います。(お互いのファイターとしての印象は?)この間の試合も会場で見てたんですけど、凄く盛り上がる試合で、持っているものも凄くバランスもいいですし、いい選手だなという印象があります。

(負けが続いている状況で、しかも自分のポジションを奪いに来る相手。追い詰められているような心境?)純粋にもう負けられないと思っているので、気持ちとしては凄い気合いも入ってますし、相手が警戒してくれてるんで、三日月蹴りで倒してもいいかなと。警戒しているところで倒したいと思います」

 

選手登録