2020.10.12

 10月12日(月)都内にて記者会見が行われ、12月13日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」の第1弾対戦カードが発表された。

 朝久泰央と蓮實光によるライト級スーパーファイトが決定した。朝久は今年3月22日「K'FESTA.3」で出場選手の欠場を受けて、現K-1ライト級王者・林健太とスーパーファイトで対戦。二段蹴りで鮮やかなダウンを奪って勝利を収めると、9月22日のK-1大阪大会からライト級に転向。弘輝の飛びヒザで先制のダウンを喫するも、最後はハイキックで豪快にマットに沈めた。

 総合格闘技のバックボーンを持つ蓮實は、2018年からK-1 JAPAN GROUPに参戦。「K'FESTA.3」ではプレミナリーファイトで東本央貴を激しいダウンの応酬の末にKO。続いて7月11日の「Krush.114」では大沢文也にKO勝利を収め、今回はスーパーファイトに初出場を果たす。

 中村拓己K-1プロデューサーはこの試合の見どころについて「同じ大会でライト級タイトルマッチが行われる中、衝撃的な勝ちかたをするファイター同士、どんなインパクトを残すのか、注目してほしい」。

 蓮實が「朝久空手は自分には通用しない。僕のパンチが当たれば誰でも失神する」とKO勝利を宣言すると、朝久も「試合のときはたてつくヤツは全員、ブチのめしていってる。ブチのめすヤツが一人増えただけ」と真っ向から応戦。早くも両者は火花を散らした。

蓮實光
「自分は最強の団体であるK-1の王者の称号がほしいので、この試合、キッチリKOで勝ちます。試合がとても楽しみです。(お互い前戦はでいい勝ち方をしているが、その試合の感想は?)大阪大会で朝久選手がKO勝ちしたところを観てたんですけど、自分もKOで倒してるんで、キッチリ噛み合うな、と。自分がKOで勝ちます。

(お互いに殺傷能力の高い武器を持つが、相手の攻撃力については?)朝久空手はキックでリズムを作ったり、攻撃も多彩なんですけど、まあ、自分には通用しないなって。僕のパンチが当たれば誰でも失神するんで、KOで倒します。(ブチのめすヤツが一人増えただけと言われているが?)楽しみです。
(同じ大会で同じ階級のタイトルマッチが行われることについては?)自分は目標としているK-1王者という称号を獲りたいだけなので、林選手とゴンナパー選手の試合は興味があります。今回、キッチリKO勝ちして、タイトルマッチにつなげられるような試合をします」

朝久泰央
「押忍、朝久道場の朝久泰央です。9月に試合をして、年内にもう一試合できると思っていなかったので、もう一試合できることにとてもウズウズしてます。俺が必ずKOで勝ちます。(お互い前戦はでいい勝ち方をしているが、その試合の感想は?)大沢選手との試合、ABEMAさんの方で観させていただいたんですけど、テクニックを努力と根性でたたきつぶす蓮實選手の試合、とてもすごかったと思います。

(お互いに殺傷能力の高い武器を持つが、相手の攻撃力については?)やっぱりパンチで倒す、その一撃はあるんだろうなと思ってるんですけど。まあ、前回の試合を見てわかったと思うんですけど、僕はパンチで倒せないっていままで言われてたんですけど、こないだみたいにパンチでも倒せるし。近くで戦えばいいんじゃないかっていう考えもあると思うんですけど、近くになっても一撃で眠らせることができるんで。僕のほうが殺傷能力は高いと思ってますね。

(パンチで失神させると言われたが?)まあ、いいんじゃないですか。試合のときは僕、たてつくヤツは全員、ブチのめしていってるんで。ブチのめすヤツが一人増えただけだと思ってます。

(同じ大会で同じ階級のタイトルマッチが行われることについては?)もちろん、意識はしてます。でも、僕はやっぱり、こないだの試合が終わってから誰々と見たいっていうコメントをたくさんいただいたんですけど、他団体の選手でいうならいつでも僕は戦えるし、この階級の林チャンピオンとゴンナパー選手、どちらも強い選手なので戦ってみたいし。僕はやっぱり、ずっと言ってるようにデカいヤツとやりたいので、この階級のチャンピオンだけじゃなく、上の階級のチャンピオン全員、やっつけにいこうと思ってます」

 

選手登録