2020.09.23

 9月23日(水)「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1秋の大阪決戦~」の一夜明け会見が行われた。

 3.22「K’FESTA.3」で行われた第3代K-1スーパー・ウェルター級王者決定トーナメントで準優勝という実績を残した和島大海は、ムエタイ戦士のラーシーシン・ウィラサクレックとスーパー・ウェルター級スーパーファイトで対戦。試合前は「蹴り合いたい」と語っていた和島だったが、1Rに右アッパーでダウンを奪うと、2Rも同じく右アッパーを炸裂させ、0分59秒でのKO勝利を飾った。

 半年ぶりの試合での勝利に和島は、「タイ人選手にはアッパー系が有効やと思っていたんで凄い練習してんたですけど、それで勝てて良かったなと思います」と、勝利の要因となったアッパーも練習の成果であったことを明かした。

 会場では「K’FESTA.3」での第3代K-1スーパー・ウェルター級王者決定トーナメントの決勝戦で敗れた木村“フィリップ”ミノルも観戦。2回負けている木村へのリベンジを考えていると思いきや、「右手の武器がもう一個増えたと思っていますし、もっともっと自分の伸びしろはあると思うんで、今すぐ木村選手というよりは、Krushでもいいんでまずはベルトを獲って、もっと地力を上げて、万全な状態でもう一回リベンジしたいなと思っています」と、慎重な姿勢を見せていた。

和島大海
「昨日はタイ人選手と蹴り合うことをテーマにしていたんですけど、もう一つテーマがあって、タイ人選手にはアッパー系が有効やと思っていたんで凄い練習してんたですけど、それで勝てて良かったなと思います。(試合を終えて、相手の印象を踏まえての試合の感想は?)相手の印象は映像で見てた選手と、リングで向かい当たっ時に全然違うなというか。K-1ルールを意識して、ホンマに蹴り合いになると思っていたんですけど、相手の選手も凄いパンチが強くて、やっぱリングに立ってみないとちょっとわからないなと思いました。あと蹴りも凄い重くて、めちゃくちゃ痛かったです。逆に言ったら、今まで蹴りをほとんどもらったことがなくて、自分が蹴る側だったんで、ちょっと悪いことをしてきたなと思ってます(笑)。

(相手はパンチで前に出てくる場面もあったが想定してた?)あんまりパンチは来ないだろうなとは思ってたんですけど、僕あんまり相手の選手の動画とかを見るタイプではないので、蹴り合いをしようとは思っていました。(最後は右アッパーと左ローも当たっていたが?)僕は最後アッパーが当たったんかなと思ったんですけど、どっちなんですかね?(笑)。アッパーが当たってその後のローで倒れたんで、どっちかというと右アッパーかなという感じがします。でも、2R目は自分が狙ってたというか、思ってたところにローキックが当たり始めてたんで、別にアッパーが当たってなくても蹴りでも行けたんじゃないかと思います。

(会場には木村もいて見ていたと思うが、今後の目標や展望は?)木村選手に2回負けているんでね、リベンジもしたいんですけど、今回だったら、右手で倒したことはなかったんですけど、右手の武器がもう一個増えたと思っていますし、もっともっと自分の伸びしろはあると思うんで、今すぐ木村選手というよりは、Krushでもいいんで、まずはベルトを獲って、もっと地力を上げて、万全な状態でもう一回リベンジしたいなと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)ご報告なんですけど、ちょっとリカバリーの調子が良すぎて、計量から2日目にしても、腹筋さんが家出してしまいまして、すぐにまた試合を決めてもらえたらうれしいです(笑)。またがんばるんでよろしくお願いします」

 

選手登録