2020.09.23

 9月23日(水)「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」の一夜明け会見が行われた。

 メインイベントで安保瑠輝也のK-1スーパー・ライト級王座に挑戦した山崎秀晃は、1Rに王者から右フックでダウンを奪うとすぐさま勝負に出てパンチで突進。1R1分19秒、左フックで豪快にKOして、悲願のK-1のベルトを手に入れた。

 試合前からこの試合を「集大成」と語っていた山崎だが「自分としては集大成という結果でしっかり試合できたんじゃないかなと思いますし、プロフェッショナルとしてはこれがK-1、これがゴールデン・フィスト(山崎のキャッチコピー)だっていう試合をお届けできたと思っている」と、最高の結果を出せたことで満足げな様子。

 しかし、これで燃え尽きることなく、「これからは胸を張ってチャンピオンとして、しっかりK-1を見せていきたいと思っています」と、ますますファイターとしてのモチベーションを高めているようだった。

 山崎が王者になったK-1のスーパー・ライト級は激戦区。試合後に前王者の安保からも「階級アップする予定やったけど留める」という連絡をもらい、元王者のゲーオ・ウィラサクレックや、今大会でも不可思を破った平山迅、そしてKRESTの後輩でもあるKrushスーパー・ライト級王者の佐々木大蔵など、強豪がひしめいている。ベテラン王者のモチベーションを高める材料はいくらでもあり、山崎自身も「ゴールデン・フィストという強打・KOでこのK-1を証明していく、率先して証明していけるような存在になりたい」と、激戦区の王者としてK-1を牽引していくことを宣言していた。

 これまでK-1では若い選手が王者になるケースが多かったが、現在のK-1旗揚げ戦からリングに上がってきたベテランの王座奪取に、中村拓己K-1プロデューサーも、「キャリアを積んできた山崎選手がチャンピオンになったことで、新しい景色を見せられる」とコメント。様々な修羅場をくぐってきたゴールデン・フィストが、王者としてK-1に新たな景色をもたらす。

山崎秀晃
「昨日は本当たくさんの応援ありがとうございました。自分としては集大成という結果でしっかり試合できたんじゃないかなと思いますし、プロフェッショナルとしてはこれがK-1、これがゴールデン・フィストだっていう試合をお届けできたと思っているんで、今手元にベルトがあることで非常に満足しています。(昨日の試合の映像は見た?)見ました。作戦というよりは長年やっててきた組み立ての中で、臨機応変に出せればいいかなと思ったものが出てたなというのが率直な感想です。いいタイミングでいい角度でパンチが当たってくれて、やっぱり日々の練習の何パターンかある中のワンパターンがハマったんじゃないかなと思っています。

(膝にテーピングもあったが、早期決着を狙っていた?)ちょっと膝の調子が試合前あんまり思わしくはなかった期間があって、それに関してはテーピングで保護はしていましたけど、早期決着で済ましたほうがいいかなとかは一切なかったです。(試合自体はどういう想定をしていた?)判定でも勝とうと思っていましたし、チャンスがあれば行こうと思ってましたし、実際1つめのダウンを奪ったところでチャンスやと思ったんで畳み掛けに行きました。

(お子さんをリングに上げて、周りからの反響も大きかった?)いつか子供をリングに上げたいと思っていたんですけど、変なワンマッチで勝ってリング上げたってカッコつかないんで。やっぱりK-1のリングでベルト獲った時に息子を上げたいなと思っていましたし、ここまで長かったんで、周りのファンや仲間が支えてくれてここまで来れたと思っている自負がありました。それをベルトという一つの形で証明できたことに関しては、周りの仲間も喜んでくれましたし、たくさん連絡もいただきました。

(チャンピオンとして迎える相手として昨日の会見ではゲーオ選手の名前も上がっていたが、今後の展望は?)安保選手からも実は連絡もいただいたんですけど、『階級アップする予定やったけど留める』ということで、昨日は平山選手も出てきましたし、後輩の佐々木大蔵もいますし、本当にこれからのスーパー・ライト級は激戦区でおもしろい階級になっていくんじゃないかなと思いますし、僕の中でゴールデン・フィストという強打・KOでこのK-1を証明していく、率先して証明していけるような存在になりたいと、今は素直に思っています。

(昨日の試合後インタビューでは卜部功也選手の階級転向の話を聞いて一瞬絶句していたが?)功也は優しい子なんで、『いや、秀さんとはやりたくないです』と言っていて。いや僕もやりたくないですっていう(笑)。僕は昨日も言いましたけど、ホンマに功也のことが天才やと思っているし、攻撃力も凄いんで、優しいんでああ言ってますけど、もしかしたらスーパー・ライト級に来るかもわかんないですよ(笑)。(油断はしていない?)本当にソワソワしています(笑)。

(試合前は集大成と言っていたが、今のモチベーションの燃え具合は?)念願のベルトが来て、一つこのK-1で生きた証を証明できたという想いもありますし、今までKrushとかの時代ではメインイベントとかやらせてもらってた中で、若い選手が僕よりも後ろのほうでやって、僕も中盤になってきて、二流三流なのかなって思う時もありました。それでも我慢強くがんばって努力してきたことが、ベルトで証明することができたので、これからは胸張ってチャンピオンとしてしっかりK-1を見せていきたいと思っています。

(京都にベルトを持って帰る時間はある?)そうですね。来週、再来週ぐらいにはまたみんなとベルトで分かち合いたいと思います。(来年またK-1大阪大会があったらメインで見たいというファンも多いと思うが?)それはもう喜んで。ファイターとしては呼んでいただけるのは本望ですし、山崎しかいないだろうというふうな形にするのが一番ベストやと思います。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)このベルトを獲ったということでますます強くなる山崎秀晃と、またこの激戦のスーパー・ライト級に注目していただければうれしいです。また、最高の、僕が好きなK-1をファンの皆さんに楽しんでいただければと思います。ありがとうございました」

 

選手登録