2020.09.23

 9月23日(水)「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」の一夜明け会見が行われた。

 スーパーファイトでフェザー級王者・江川優生と対戦した椿原龍矢は、江川の強打を空転させ2-0で判定勝利する番狂わせを起こした。一夜明け会見の冒頭では中村拓己K-1プロデューサーが江川について「試合後にPOWER OF DREAMさんと話をし、実は江川選手が3週間前に左足人差し指を骨折して、走ることもできない状態だったことを聞きました。江川選手は3月の『K'FESTA.3』も怪我で欠場しており、今回興行に穴をあけられないということで、チャンピオンの責任感から怪我を隠して試合に出たということです」とコメント。

 江川陣営からは「今回の負けを受けて次はベルトをかけて椿原選手と再戦したい」という申し出があり、中村Pは「これから江川選手の怪我の状況を確認し、万全の状態でタイトルマッチを組みたい」と時期は未定ながらベルトをかけたリマッチを組む方向性を示した。これを受けて椿原も今回の勝利に浮かれることなく「目の前の相手を全部倒してチャンピオンになる」と気を引き締めていた。

椿原龍矢
「昨日は月心会が3連勝できて本当によかったです。前半、TETSUと和島さんも僕に繋いでくれたので、いい感じで試合に臨めたと思います。試合に関しては最初の1分ぐらいしか覚えていないんですけど、とにかく勝ててよかったと思いました。

(試合映像は見た?)一応見たんですけど、覚えている間の記憶で言えば、パンチとか食らって“うわ、軽トラに引かれてるぐらい、事故のダメージになるな”と思いました(苦笑)。(江川と戦った感想は?)目の前に立たれてにらまれているのが嫌でした。圧もすごく感じましたし、何が出てくるのかも分からないし。ただ1発がすごくあると分かっていたので集中しながら戦えて、いい緊張感は持てていたんじゃないかと思います。(試合中は何を思っていた?)ほんまに全く覚えていないんですけど、敬意を持って戦えたんじゃないかなと思います。

(試合後の喜びは)すごいプレッシャーもありましたし、やっぱり江川選手っていう同階級の選手の中でも憧れも持っている選手と対戦ができたので、そういうものが爆発したのっていう感じがします。(試合後の反響は?)みんなめっちゃ褒めてくれるし、『よく生きて帰ってきたな』『よく頑張ってたで』とか、なんで上から目線なのかなと思うんですけど(笑)、みんな喜んでくれてよかったです。

(番狂わせをよく起こすことについて)やっぱり格上の選手とやる時は最初の下馬評とか低いのは当たり前ですし、“そこまで期待されていないんだったらお前ら見とけよ”っていう感じでいい試合ができました。(再戦に関しては)江川選手からタイトルマッチ希望して頂くのはすごく光栄で嬉しいことですし、その間に違う人との対戦を1回挟んでも、目の前の相手を全部倒してチャンピオンになるだけなので、何でも受けようと思ってます。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。もっと練習を頑張って強くなるので応援よろしくお願いします。チャンピオン、早く怪我を治して僕ともう一回再戦お願いします。10月のKrush、チームの真優にも繋いだし、11月の(野田)蒼や朝久道場の選手にも繋げたと思うので、みなさん頑張ってください」

 

選手登録