2020.09.23

 9月23日(水)「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」の一夜明け会見が行われた。

 国内屈指の実力者MIOのK-1初試合とあって、注目された女子のミニマム級の試合だが、高梨knuckle美穂が終始攻め立てて判定勝利。KOこそできなかったものの、「今までの試合の中で一番楽しめたし、1Rから3Rまで考えて冷静に戦えました。今まで蹴りが苦手だったんですけど、今回はその蹴りも出せてたんで、いい感じの距離で戦えてたと思います」と、自身の成長も実感できる試合となったようだ。

 対戦相手のMIOに関しては「もっとパワーがあるのかなと思ってたんですけど、全然それも感じなくて」と、物足りなかった様子。MIOが試合後に「ライバルとして絡んでいきたい」と言ったという話を聞くと、「MIO選手が私のことをライバルだと思っているんだったら、フィジカルから鍛え直して来いって思います」と手厳しい言葉で突き放した。

 高梨の野望はこの女子のミニマム級を「女子の3階級の中で一番目立つ階級」にすることだ。そのためにも、「ミニマム級のトーナメントを開催してもらって、強い外国人も呼んでもらって、その中で私が倒してベルトを巻きたい」と、早くもベルト奪取に照準。K-1初参戦を勝利で飾り幸先良いスタートを切ったことで、K-1女子の中心に躍り出ようとしている。

高梨knuckle美穂
「昨日の試合を振り返って、今までの試合の中で一番楽しめたし、1Rから3Rまで考えて冷静に戦えました。(試合自体は大きなダメージがなく終わった印象があるが、どう感じている?)MIO選手は他団体でトップというかチャンピオンの選手だったじゃないですか? もっとパワーがあるのかなと思ってたんですけど、全然それも感じなかったです。(特別なダメージは受けてない?)ないです。(それは作戦通り?)試合の動画とかも全然見てなかったんですけど、自分のやろうとしている動きをしていただけなんで、それがちゃんと試合でできたから勝てたんだなと思います。

(終始攻めている印象だったが、それも考えていたことが忠実に再現できたから?)そうですね。今まで蹴りが苦手だったんですけど、今回はその蹴りも出せてたんで、いい感じの距離で戦えてたと思います。(今後女子ミニマム級をどうしていきたい?)やっぱり女子の3階級の中で一番目立つ階級にしたいと思いますし、ミニマム級のトーナメントを開催してもらって、強い外国人とかも呼んでもらって、その中で私が倒してベルトを巻きたいと思っているんで、ぜひよろしくお願いします。

(昨日の試合後の会見でMIO選手がライバルとして絡んでいきたいと言ってたがどう思う?)う~ん…、私は正直ライバルとは全く思わないです。もしMIO選手が私のことをライバルだと思っているんだったら、フィジカルから鍛え直して来いって思います。(ファンの皆さんへのメッセージは?)これからミニマム級は私が引っ張っていくし、私がベルトを巻きたいと思っているので、これからも応援よろしくお願いします」

 

選手登録