2020.09.11

 9月11日(金)東京・K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフにて、9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]で不可思と対戦する平山迅が公開練習を行った。

 試合まで10日あまりに迫った中、2分1Rのミット打ちを披露した平山は「メチャクチャ調子いいですね。減量も問題ないし、順調です」と好調をアピール。

 今回は多くのタイトルを獲得し、K-1でもタイトルマッチを経験している不可思との対戦となるが、「相手の実績とかはそんなに考えてないし、関係ないと思います。しっかり乗り越えなアカン相手やなとは思ってますけど」と、臆せず臨む。「プロの世界はちょっとのズレで勝敗も変わってくると思うので、そこを大事にしていけば必ず勝てると思ってます」

 昨年に続いて地元・大阪での大会出場。昨年は山崎秀晃に判定負けを喫したが、今年はKO勝利を誓う。「相手が不可思選手ということもありますし、大阪でできるというところで、すごいツイてるなと思いますね。かなりモチベーションも高いし、気合い入ってますよ。こんなコロナの情勢の中、会場まで足を運んでくれる方や画面越しに応援してくれる方のためにも、非日常的な倒し合いを見せたい。俺は昔からずっと倒すイメージでやってきてるんで、やっぱり理想の勝ち方は『倒す』ですよね」

 昨年から転向したスーパー・ライト級で不可思に勝利すれば一気に急浮上も見えてくるが、「先を見るのも大事ですけど、今はしっかり目の前の相手を倒すことだけに集中してます」と、不可思への勝利を最優先に考えているという。「『平山やったら何かやってくれるんちゃうか』というところで、自分を信じてやるだけ。こういう状況なんで、見に来たくても来られない方もいるんですけど、そういう方にも中継を見て楽しんでもらえるように、しっかり試合でひっくり返そうと思ってます。戦い抜くので、自分の戦う姿をしっかり見てもらいたいです」

 同日のメインではタイトルマッチも行われるK-1スーパー・ライト級の激戦区で、平山は勢力図を塗り替える勝利をものにできるか?

 

選手登録