2020.09.09

 9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」の[プレリミナリーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R]で黒田勇斗と対戦する三井大揮のインタビューを公開!

黒田勇斗
「一度決まっていた試合が流れて、いつ次決まるか不安で、早く試合がしたいと思っていたので嬉しかったです。K-1ジム心斎橋がオープンして、、全体的にレベルアップしてきてるなと思います。僕はジムではインストラクターとしても指導していて、教えている会員さんたちも応援してくれているので、恥ずかしいところは見せられないです。背負うものが一つ増えて、気持ちの面でも更に強くなってると思います。

(対戦相手の印象は?)タイでベルトを獲っている選手で、蹴りが強そうやなという印象です。大阪のファンのみなさんにはKO勝ちを見せて、一皮剥けたなと思ってもらえるような試合を見せたいです。全体的な技術が向上したところをアピールしたいです。(今後の目標は?)Krushのベルトを取ることです。(ファンのみなさんへのメッセージは?)自粛中のストレスがぶっ飛ぶような面白い試合になると思うので、楽しみにしていて欲しいです。応援宜しくお願いします!」

三井大揮
「(試合が決まった時の感想は?)ようやく決まったなと思いました。今回がK-1 JAPAN GROUP初参戦ですが、試合そのものが久々なんでちょっと緊張ですね。(これまでの格闘技歴は?)17歳からキックボクシングを始めて、ほとんどムエタイルールでやってきました。一度、70kgぐらいのタイ人と試合をして、ボコボコにされた経験があります。

(対戦相手の印象は?)男前で背高いなって感じです。大阪のファンのみなさんには色気のある試合をしたいです。そして自分の腹筋をアピールしたいです。(今後の目標は?)もう格闘技はええわって、自己満足出来て納得するところが僕の終着点です。(ファンのみなさんへのメッセージは?)自分は現役消防士である以上、ヒーローでありたいんで、ヒーローはヒーローらしくしっかり勝ちます。よろしくお願いします」

 

選手登録