2020.03.21

 3月21日(金)都内にて、3月22日(日)「K-1 WORLD GP 2020 IN JAPAN~K'FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会の前日記者会見が行われた。

 スーパーファイト会見の第1部にはスーパー・フェザー級のSATORU成合vs友尊、スーパー・ライト級の下克上マッチ・山崎秀晃vs寺島輝、フェザー級で久々の復活となる小澤海斗vsジャオスアヤイ・ソー.デッチャパンの計6選手が登壇した。 

 30代にして初のスーパーファイト出場となるSATORUと友尊は「ぶっ倒して勝ちます」(SATORU)、「KOで勝ちます」(友尊)と両者KO決着を望む。

友尊
「欠場が出て代役で出させてもらえるチャンスをもらえたんで、これをしっかりものにしてKOで勝ちます。(対戦相手と向かい合っての心境は?)気合入ってるなって思いました。心境としては計量が終わって一安心してるんで、これからしっかりご飯食べてリカバリーして明日に臨むだけですね」

SATORU成合
「1月に次女が生まれて色々お金もかかるしKO賞がほしいんで、もうぶっ倒して勝ちます。(対戦相手と向かい合っての心境は?)友尊選手は試合見て強いと思ったけど、目を見た時にいけるなって思いました。心境としては夜中にずっと水抜きしてる時に奥さんのお祖母ちゃんが不幸ごととかにあって……さっきも長女の卒園式があって色々気合も入ったんで、もうぶっ倒すしかないなって感じですね」

 山崎に挑む新鋭・寺島は「明日は暴れるだけなんで一番楽しんでいきます」と強豪相手にも全く臆することなく、対する山崎は「攻めて攻めて攻めまくります」とベテランとして受けて立つ気持ちは一切ない。

寺島輝
「やれることは全てやってきました。明日は暴れるだけなんで一番楽しんでいきます。(対戦相手と向かい合っての心境は?)イメージは何も変わってないです。自分の中でずっとずっと1カ月以上イメージしてきたので心境も何も変わってないです。目を合わせても向こうもしっかりと仕上がってきていると思ったので、明日は熱い試合が出来ると思います」

山崎秀晃
「いつも通り攻めて攻めて攻めまくります。ゴールデン・フィストに期待しといてください。(対戦相手と向かい合っての心境は?)見た感じはいつも通り身体は緩いのかなって感じは見受けられました。まあ身体で試合するわけではないんで、身体が全ての実力ではない。気持ちとしてはいつも通りの平常心です。明日に向けて爆発させます」

 小澤はトーナメント準優勝・ジャオスアヤイに対して「ぶっ倒してベルトへの挑戦権を獲得します」とKOでインパクトを残してベルトにつなげると誓った。

ジャオスアヤイ・ソー.デッチャパン
「現在の体調も100%で戦う準備はもう出来ている。(対戦相手と向かい合っての心境は?)相手の身体を見てしっかり準備してきたんだなと思った。ただ明日は必ず勝つ」

小澤海斗
「明日は隣のトムヤムくん、ぶっ倒してベルトへの挑戦権を獲得します。(対戦相手と向かい合っての心境は?)相手の身体を見てはムエタイNO.1って感じ。心境はまあ普通っす」

 

選手登録