2020.03.21

 3月21日(土)都内にて、3月22日(日)「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」さいたまスーパーアリーナ大会の前日記者会見が行われた。

 K-1スーパー・フェザー級王者にしてK-1三階級王者の武尊は、スーパーファイトでタイ人ファイターのペッダム・ペットギャットペットと激突する。

 当初、武尊はISKA世界ライト級王者アダム・ブアフフと史上初のK-1 WORLD GP&ISKAダブルタイトルマッチが予定されていたが、ブアフフが急遽欠場。それを受けて、ムエタイのBBTVスタジアム認定フェザー級王座の戴冠歴を持つペッダムを迎え撃つことになった。

 K-1初参戦で武尊との大一番に臨むペッダムは、緊急出場ながらも「身体の調子は100\%。明日は勝ってタイに帰る」と必勝を宣言。一方の武尊は「(昨年の「K'FESTA」で戦った)ヨーキッサダー選手よりもK-1向きの選手。僕とは噛み合うと思うので、明日は最高の試合を見せたい」とコメント。さらに「K-1が開催する意味を僕らの試合で見せていかないといけない。世界中が元気になるような試合を見せたい」と、K-1を牽引してきたエースとして、並々ならぬ決意を見せた。
 
武尊
「本来、ダブルタイトルマッチの予定だったんですけど、こうして選手が変わってしまって、この状況で試合を受けていただいたペッダム選手には感謝してます。明日はペッダム選手、ムエタイの世界の中でもひと握りのチャンピオンベルトを巻いた選手なので、その選手と最高の試合をして必ずKOで勝つんで応援よろしくお願いします。

(対戦相手が変わったが、明日はどのように戦う?)対戦相手が変わって、対策は全部変わるんですけど、どういう選手にも対応して、勝ってそれを乗り越えられるっていう自信をつけたいなと思っていたので。こうやって対戦相手が変わったことも十分な試練だと思って、しっかり乗り越えて自信に変えたいと思います。

(vsムエタイという意味では一年前と同じ構図だが?)二年連続でムエタイのトップファイターとやらせてもらえるのはうれしいことなので。去年、ヨーキッサダー選手とやったときの対策も入れつつ。また、ヨーキッサダー選手よりもアグレッシヴなファイターだと思うので、今回は今回でしっかり対策を取って、しっかり勝ちます。

(対戦相手の印象は?)試合映像を観て、ヨーキッサダー選手よりもK-1向きの選手なのかなと思いました。今日、目を見て、気持ちの強さ、引かないファイトスタイルだなと感じましたし、僕とは噛み合うと思うので、明日は最高の試合を見せたいなと思います。

(対戦相手が変わり、三年連続の「K'FESTA」のメイン出場がなくなってしまったことについては?)第1回からメインを務めてきて、全部KOで勝ってきて、K'FESTAのメインは僕以外ありえないって思ってたんですけど、今回こういう事態でダブルタイトルマッチもなくなってしまったので。まあ、試合順どうこうよりも、内容で武尊の試合がメインだなって思われるような試合を見せたいと思います。

(K-1王者としてどのような試合を見せたい?)K-1チャンピオンは世界最強じゃないといけないので、それを世界に証明する試合をしたいと思います。あと、いまはこういう状況なので、K-1が開催する意味を、僕らの試合で見せていかないといけないと思います。みんなでパワーを与えられるような、世界中が元気になるような試合を見せたいと思ってます。絶対に勝ちます、押忍」

ペッダム・ペットギャットペット
「明日戦う準備はできている。身体の調子は100\%だ。(武尊のvsムエタイのコメントを受けて?)武尊と戦えることはとてもうれしいし、明日は勝ってタイに帰る。(現地のファンからはどのような評価を受けている?)自分はひたすら前に進んでいくスタイルでやってきた」

 

選手登録