2020.03.20

 3月20日(木)東京・ウィラサクレックフェアテックスムエタイジム三ノ輪にて、3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で武尊と対戦するペッダム・ペットギャットペットが公開練習を行った。

 武尊と対戦予定だったアダム・ブアフフの欠場により緊急参戦となったペッダムは元BBTVスタジアム認定フェザー級王者で、現在は階級を上げて60kg近辺の契約体重で活躍している。パンチとヒジ打ち(K-1ルールでは禁止)を武器に、被弾しても恐れず前に出る気持ちの強さが売りのファイトスタイルで、対戦が決まった際には「タケルはパンチと気持ちが強そうだから、打ち合ってみようと思っている」と打ち合い上等のコメントを残していた。

 公開練習でもタイ人には珍しくパンチ主体のミット打ちで、そこから右ロー、ミドル、テンカオ(組まないヒザ蹴り)を繰り出していったペッダム。「日本はちょっと肌寒く感じるよ」と同じタイミングで緊急参戦が決まったアワターン同様に日本の気候には苦労しているようだが調整は問題ないと語る。

 大会3日前の緊急参戦、日本の常識で考えれば断っても当然のオファーだが、ペッダムは「確かに急遽のオファーだったがK-1という舞台は前から知っていたのでオファーが来て嬉しかった。やはりK-1は非常に大きい興行で、みんなが試合をしたいと思う大会だと思っている」とK-1の舞台で戦うことに迷いはなかった。

 ムエタイとは異なるK-1ルールで、ヒジ打ちを制限される武器もある。「以前中国でヒジなしルールで戦った時はやりづらさを感じた」というペッダムだが、その教訓を活かしつつ、K-1のリングでも自身の戦いの芯の部分を曲げるつもりはない。「普段はパンチと蹴りを多用していくスタイル。今回はヒジと組み付きが禁止なのでそれに合わせて戦うが、K-1ルールの試合でも打ち合おうと思っている」。

 武尊の印象を「パンチも強いし怖い選手だと思う」と評しながらも「もちろんディフェンスもするけど、自分は武尊と打ち合うよ」と武尊の得意な打ち合いでも真っ向勝負すると強調。昨年の武尊vsヨーキッサダー戦を見たうえで「あの試合を見てタケルはちょっと足が弱いんじゃないかと思っている」と弱点を指摘。「ローキックが勝負の鍵になる?」と記者に問われると「もちろんローキックは大事になるだろう。そのうえでパンチも出していくよ」と武尊攻略について話す。
 
 その上で「タケルに勝つ自信はもちろんある。ヨーキッサダーは自分よりも階級が下の選手で、自分はもっと上の階級で戦っている。その点でも勝てるという自信を持っている」と自信を見せ「自分は常に全力で絶対に勝たないといけないという気持ちでやっている」と負けを考えることなどありえないと断言。最後にペッダムはファンに向けて「必ず全力で戦います」と緊急参戦の中で死力を尽くして戦うことを誓った。

 

選手登録