2020.03.11

 3月11日(水)東京・K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフにて、3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]で玖村将史と対戦する金子晃大が公開練習を行った。

 今後のスーパー・バンタム級戦線を占う玖村vs金子の注目の日本人対決。金子は入念に2Rのシャドーボクシングをこなして息を上げ、2分1Rのミット打ちへ。

 この日は金子の出稽古先でもあるIDEAL GYMの渡辺理想会長を相手に、スピード感溢れるパンチから蹴りへのコンビネーションを次々と繰り出しつつ、渡辺会長の攻撃をかわして強烈なリターンを浴びせるなど実戦さながらのミット打ちを披露。金子自身「プロとしてダラダラやるのは嫌」と語るように緊張感溢れるミット打ちとなった。

 昨年8月以来の試合となる金子だが「調整はしっかり出来た」とコンディション的な不安要素はなし。年始にはタイの名門ジム・ペッティンディーアカデミーへの武者修行も敢行し「タイ人と練習して日本人にはない何かがを感じて、それがすごく勉強になった。タイ人と練習してタイ人に合わせるよりも、自分の動きを活かす方が良いと思った」と自身のファイトスタイルへの自信が一層深まったという。

 プロ戦績9戦9勝と未だ無敗、そのファイトスタイルからも金子に期待し、幻想を抱くファンも多い。しかし金子は自分の現在の立ち位置を客観的に認識し、その上で己の強さの部分には絶対の自信を抱いている。

「幻想というか、自分はまだ単純にトップに立ってないんで、そう言われてもそんなに気にしてないっす。周りに強く見られてるとか見られてないとかじゃなくて、強く見られてなくても上に行った方がいい。(例えば武居・玖村にスピードでは負けない自信がある?)スピードもそうですし、パワーも別に負けてないと思います。全体的にレベルを上げて“これだけは負けない”よりも全部で勝っていきたいと思います。(現時点で武居と対戦しても普通に勝つ自信がある?)全然あります」

「K'FESTA.3」でも要注目のスピードスター同士の一戦。軽量級ならではノンストップバトルが期待されている試合でもあるが、金子は「ある程度相手の動きを見切ったら倒しに行く。(玖村は圧勝宣言をしていたが?)自分も全く同じ」と玖村の動きを読み切った段階でKOすると予告。さらに「きれいに勝ってKOして、次はタイトルマッチをやりたい」と、この試合でビッグインパクトを残して、スーパー・バンタム級王者・武居由樹の首を狙うと明言した。

 最後に「今回の試合をしっかり倒して勝って、次はタイトルマッチをやりたいと思っているので、みなさん応援よろしくお願いします」と改めて武居に宣戦布告した金子。玖村との一戦を制し、絶対王者として君臨する武居とのタイトルマッチを実現させることが出来るか?

 

選手登録