2019.12.27

 12月27日(金)愛知・名古屋ガーデンパレスにて、“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)大会の前日会見が行われた。

 第10試合・第11試合は名古屋出身の野杁正明と大岩龍矢が海外の強豪を迎え撃つスーパーファイトが並んだ。8月のK-1大阪大会ではサミ・ラミリから圧巻のKO勝利を収めている野杁。今大会では欧州の強豪として知られるハッサン・トイと世界も注目する一戦に臨む。

 会見で野杁は過去一度もKO負けがないというハッサンに対して「しっかりKOしてやろうと思っているので、みなさんもぜひ楽しみにしていてください」と大胆予告。これにハッサンも「明日自分が初めてKOされた日にならないように、逆に自分が野杁をKOで倒すよ」と逆KO予告で火花と散らした。

 そして地元・名古屋でK-1のリングに立つ大岩は過去に武尊や皇治とも拳を交えているスタウロス・エグザコスティディスと激突。大岩はいつものように緊張したまま会見に登場して(?)上手く質疑応答に対応できず。

 対するスタウロスは「ギリシャ人にとってクリスマスは非常に大切なイベント。この試合があるせいで、自分の妻と息子と一緒にいることが出来なかった。その分きちんとお返しをしてもらわないといけない」とクリスマスを家族と過ごせなかった鬱憤を大岩にぶつけると言い放った。

野杁正明
「明日は名古屋K-1が開催されることを嬉しく思います。僕が言い始めたことがきっかけで名古屋Krushが開催されるようになって、こうやってK-1も名古屋に持って帰ることが出来たんで本当に嬉しいです。ハッサン選手はすごく良い選手でKO負けが一度もないということなんで、明日は僕がしっかりKOしてやろうかなと思っているので、皆さんもぜひ楽しみにしていてください。

(ハッサンは来日前から強豪選手と呼ばれていたが、昨日の公開練習を見ての印象は?)計量前日ですし疲れがある中での動きだったんで参考にはしてないですね。(強豪対決と言われている中でKOを宣言しているが?)ただ単に倒すことしか考えてないんで。倒して勝つことが僕に求められる条件だと思うので、本当にシンプルにただ倒すだけですね」

ハッサン・トイ
「まず初めに今回こうして日本で戦う機会を与えてくれてありがとう。今回の試合のために厳しいトレーニングを積んできた。必ず明日は野杁を倒したい。(野杁のKO発言を聞いて)自分自身今までKOされたことがないので、明日がその最初の日にならないように、自分が野杁をKOで倒して自分の勝利につなげる」

大岩龍矢
「今は本当に幸せな気分です。会場に入ってきた時に真正面に武尊がいて、ずっと笑わせようとしてくるんですけど、明日は真剣勝負なんでしっかり倒して爆笑したいと思います。(スタウロスは公開練習でタフな大岩をKOすると発言していたが?)それはみんな狙うと思うし、KO勝ちが……(言葉に詰まってファンに励まされる)みんなKO勝ちしたいと思うだろうし、俺もKO勝ちしたいんで。そうなれば絶対KOが生まれると思うんで……(自分にも)通訳お願いします(笑)。倒します」

スタウロス・エグザコスティディス
「久しぶりにまた日本に来られて大変嬉しく思っている。明日の試合を本当に頑張りたい。実はギリシャ人にとってクリスマスは非常に大切なイベントで、この試合があるせいで昨日は自分の妻と息子と一緒にいることが出来なかった。その分きちんとお返しをしてもらわないといけないね」

 

選手登録