2019.12.27

 12月27日(金)愛知・名古屋ガーデンパレス 2F 翼にて、12月28日(土)「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)大会の前日記者会見が行われた。

 明日の本戦は9月KHAOSのメインイベントで激闘を繰り広げた松本日向vs橋本実生のリマッチで幕開け。初代女子フライ級王座決定トーナメントのリザーブファイト・準決勝2試合を挟み、海斗vs韓国のキム・ホソン、平山迅vs中野滉太、篠原悠人vs緊急参戦のSEIYAとスーパーファイトが続く。前日会見には再計量となったSEIYAを除く7選手が出席。明日に迫った一戦に向けて、どの選手もKOへの意欲を見せると同時にK-1らしい戦いをファンに誓った。

松本日向
「今回の計量もバッチリで、今回すごく色んな練習をして、色んな経験をさせてもらってジムに感謝しているので、しっかりそれを結果で恩返ししたいと思います。(リマッチでどんな試合にしたい?)前回は勝ちに行くことが優先だったんですけど、今回は勝つことが前提で倒しに行くための練習をしてきたので、しっかりパンチで倒していきたいと思います」

橋本実生
「負けても応援してくれる方や、サポートしてくれる方とか、2戦目なのにこうやってK-1に呼んでもらって感謝しています。明日は強い男はこういうものだというのを見せるのでよろしくお願いします。(リマッチでどんな試合にしたい?)判定じゃつまらないと思うし観客のみんなが楽しんで盛り上がる試合をします」

キム・ホソン
「こんにちは。キム・ホソンです。海斗選手と明日試合をするのでよろしくお願いします。KOで勝ちます。(海斗は「バックスピンキックは当たる気がしない」と言うが)私はキックが上手いので、警戒しても通用します」

海斗
「今回は前回の試合から間隔があいていないので、ずっと調子も上がっているので、みんなが見たいKOを見せられると思います。楽しみにしていてください。僕はKOできる技が何個もあるのでどの技かは選べないんですけど、その時に合わせた技で倒します。自分にはバックスピンキックが当たらないと思うので、蹴ってきてほしいです」

平山迅
「明日の試合に出る選手みんなが主役だと思うんですけど、その中で自分が1番の主役を奪い取ろうと思っています。応援よろしくお願いします。たくさん試合がある中で今回タイにも練習に行きましたし、シルバーウルフでも大宮司さんはじめ先輩方にもたくさん指導をして頂きました。自分がやってきたことが正解だというような試合をしようと思っています。それがKOに繋がると思っています」

中野滉太
「今回も会長をはじめジムの仲間たちにサポートしてもらい、いい状態に仕上がったのですごく明日が楽しみです。相手はタイトルマッチやトーナメント、他にもスーパーファイトもいっぱいあるんですけど、今回の2人の試合が1番盛り上がると思うし、まずは平山選手と戦うことだけを考えてやっていきたいです」

篠原悠人
「今回は対戦相手(大沢文也が負傷欠場)が変わって、代わりの選手(SEIYA)も体重オーバーしてしまったんですけど、自分自身は全然問題なく絶好調なので、明日はしっかり自分のやることをやるだけかなと思います。SEIYA選手は10日前という急な試合オファーを受けてもらって感謝しているんですけど、Twitterでも14kgを落とすと書いていたので、そこはしっかり落としてほしかったなぁっていう。舐めんなよっていう感じなので、明日しっかりKOでぶっ倒したいと思います」

 

選手登録