2019.12.26

 12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」。今大会の[プレリミナリーファイト第3試合◎K-1フェザー級/3分3R]で対戦する倉崎昌史と秀樹のコメントを公開!

倉崎昌史
「地元で初めて開催されるK-1に出場することができて嬉しいです。(勝ち星から遠ざかっているが?)前回も前々回もその前も全く自分の良さを出し切れず負けてしまって、何やってんだろって感じです。今回は自分の良さを最大限に生かせるよう練習しています。対戦相手はパワフルでガンガン前に出てくるので俺と噛み合うと思います。今回は自分らしくガンガン打ち合って必ず倒します。3連敗中なので、この試合に進退をかけて戦います。僕のど根性を見てください。必ず盛り上がる面白い試合をしますので、プレリミナリーファイトから絶対見てください!」

秀樹
「今回のオファーを受けた時、試合に出られる嬉しさを感じ、絶対に勝ってやろうと思いました。(格闘技歴は?)20歳の時に後輩からグローブ空手を誘われて始めました。対戦相手の倉崎選手の印象はパンチャーでガツガツ前に来る印象です。今回の試合は自分から前に出て下がらない。プレリミナリーファイトだろうと力まず、自分らしい試合をして圧倒的にKOで勝ちます。見応えある試合をするので楽しみにしていて下さい」

 

選手登録