2019.12.26

 12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」。今大会の[プレリミナリーファイト第1試合◎-53kg契約/3分3R]で対戦する池田幸司と豊田優輝のコメントを公開!

池田幸司
「プロ2戦目でK-1 WORLD GPで試合ができるなんて思っていなかったので、オファーを受けた時は『チャンスだ!』と思って気合いが入りました。(格闘技歴は?)僕は6歳から高校卒業まで極真空手をやっていたのですが、中学に入ったあたりから、ほとんど練習に行かなくなって、なんとなく続けていた感じです。でも大学3年生の時、また格闘技がやりたくなって、キックボクシングを始めました。それからは格闘技に本気で向き合い、アマチュアも全勝、プロでも一勝できて、このまま突き進みたいと思っています。

 対戦相手のことはアマチュア時代から知っていて、K-1カレッジの時に仲良くなったので、その部分では少しやりずらいです(苦笑)。でも試合は別なので、やっちゃいます。相手の嫌がる技で圧倒します。今回はK-1 WORLD GPということで、いつも以上に注目度が高いと思うので、その中で皆さんの記憶に残るような強い姿を見せたいです。相手を仕留める技をアピールしたいです。プレリミナリーファイトから会場を沸かせるので、ご注目してください!」

豊田優輝
「プロデビュー戦で、いきなり地元のK-1に参戦できて、とても嬉しく思っています。(格闘技歴は?)父親が空手の先生で、その影響で小学生の時に格闘技を始めました。対戦相手の池田選手は、とても強敵で、蹴り・パンチも強いし、攻撃の反応も、いいと言う印象です。今回の試合では相手にやりたいことをやらせずに、自分のペースにして、試合を進めて行きたいと思ってます。お客さんには自分の名前をしっかり覚えて帰ってもらいたいと思います。デビュー戦でいきなりK-1で『この人誰?』と思われるかもしれないですが、地元の友達や先輩、後輩がたくさん見にきてくれるので、期待を裏切らないよう、頑張りますので、応援よろしくお願いします!」

 

選手登録