2019.12.22

 12月21日(土)大阪・正道会館にて、12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」の[スーパーファイト/ライト級/3分3R・延長1R]でSEIYAと対戦する篠原悠人が公開練習を行った。

 当初今大会では3月「K'FESTA.2」で拳を交えた大沢文也とのリマッチが決まっていた篠原。しかし大沢の負傷により試合10日前に対戦相手がSEIYAに変更となった。公開練習で篠原は「コンディションはいつもと変わらず。減量も上手くいってるし、調子も良い感じです」と全く気にする様子はなく、普段の練習のようなリラックスしたムードで湊谷トレーナーを相手にパンチミットを行った。

 試合直前での対戦相手変更は初めてという篠原だが「あまり心境的には変わらないですね」とやることは変わらないと強調する。というのも、前回の大沢戦では周囲から期待されたテクニック対決を意識し過ぎたため、お互いにコンタクトの少ない神経戦になってしまい、今回は対戦相手や対策関係なく自分のスキルを上げることだけに集中してきたからだ。


 篠原はK-1ファイターの中でもスイッチ(構えをオーソドックスとサウスポーをどちらも使う)を上手く使いこなす選手の1人だが、そのテクニックにさらに磨きをかけてきた。
「今回はあんまり相手のことを意識し過ぎず自分のスキルを上げる練習をしてました。具体的にはスピード、パワー全てなんですけど、パンチのスピードだったり当て方をけっこう考えながら今回は練習出来たかなと思います。

(湊谷トレーナーからはボクサーの動きを参考にしているという言葉もあったが?)スイッチワークであったり、パンチの出どころとかナチュラルに出せるパンチであったり、ボクシングの選手はパンチに関しては一流やと思うんで、そこもしっかり色んな選手を見て吸収して完成に近づけてますね。自分でも強くなっている実感があるんで、今回かなり完成度は高いと思います」

 8月K-1大阪大会での川﨑真一朗戦(篠原がダウンの応酬の末に判定勝ち)は大会ベストバウトにも挙げられるような激闘で、川﨑が奪ったダウンを引き金に両者がヒートアップして激しく打ち合った好勝負に見えた。だが篠原の中では熱くなっての打ち合いではなく、相手の動きが分かった上でダウンを奪い返せると確信を持って攻めに出た結果だったという。

「僕の作戦というか計画ではダウンを取られることは予想してなくて(苦笑)、ああいう試合展開も初めてでした。その中で最終的に勝てたことは良い経験になったと思うんで、それを無駄にしないように意識してます。(ダウンを取られてからは熱くなっていた?)熱くなるというか、ダウンを取られたんですけど、それと同じぐらいダウンを取り返せるなと思えました。実際あそこで行って2回ダウンを取れたことが大きかったですね。

(攻撃的な姿勢でも相手の攻撃は見えていた?)そうですね。絶対相手は隙が出きる、ダウンを取ったら一気に来ると思ったんで、そこで合わせようと思って無意識に合わせたって感じですね。今までの自分の試合の経験でも、熱くなって良いことはほぼないと思うんで(苦笑)。冷静に倒しに行くことが一番強いと自分の経験で分かるんで、あまり熱くなり過ぎないようにしてます」

 篠原は大沢戦の段階からKO決着を予告していたが、対戦相手がSEIYAに変わり「判定に行ったら自分の負けやと思ってます。だから絶対KOで勝たないといけない」と言い切る。「どの試合もそうなんですけど絶対に負けられないし、特にベルトを獲ることを考えれば、今回は絶対に落とせない試合ですね」とタイトルい近づくためにはKO勝利が絶対条件だとしている。

 ライト級戦線を考えるとKrushライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレックが復帰し、1月のKrush後楽園大会で横山巧とのタイトルマッチも決定している。その中で今回の試合はどれだけインパクトを残せるか。他の試合との勝負であるとも考えており、自身もK-1ライト級王座への挑戦を望んでいる。

「K-1のベルトに近づけるかどうかは僕自身の問題。今回の試合次第で状況は変わってくると思うんで、しっかり内容で示したいですね。それを考えるとKOが一番良い形やと思うんで、KOで倒したいと思ってます。(現K-1ライト級王者は過去に敗れている林健太だが、ベルトとリベンジどちらを意識している?)僕は人に執着はないんで、ベルトが獲れればいいかなと思ってます。とにかくK-1ライト級のベルトが欲しいですね」

 改めてファンへのメッセージを求めると「相手は変わっちゃったんですけど、そこでもしっかり自分の強さを見せて、内容で示すことができればタイトルマッチも見えてくると思います。今回調子もめちゃくちゃいいんで、圧倒的なKOを見せられると思うんで楽しみにしていてください」とKO勝利をファンに約束した篠原。川﨑戦から更に進化した姿を見せつけ、圧倒的なパフォーマンスでタイトルへの道を切り拓くことができるか?

 

選手登録