2019.12.19

 12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」の[K-1 WORLD GP初代女子フライ級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R]で真優と対戦する壽美のインタビューを公開!

――前戦8月KRUSHでのヨセフィン・ノットソン戦について振り返っていただけますか?

「試合を通してかなり技術の差というか、引き出しの多さが違うなと感じました。ヨセフィン選手の蹴り技やスピード、手数の多さは動画で観ていたので、距離を潰そうと前に出たんですけど、それを全部阻止されてしまって。相手はハイキックや前蹴りなど攻撃が途切れなかったので、すごく入りにくかったです」

――自分の技術が出しきれなかった、と。

「そうですね。あの試合の動画を観るとすごく悔しくて、『なんで、ここでもっといかなかったんだろう?』や『もっともっと前に出ればいけたんじゃないか?』と思うシーンが何度もあって。『ああ、やり直したい!』とすごく思いました」

――12月のK-1名古屋大会ではK-1史上初となる女子のトーナメントが開催され、壽美選手もリザーブファイトで真優選手と対戦しますが、いまの心境は?

「自分はリザーブファイトなんですけど、2試合やる覚悟はできてます」

――真優選手の印象は?

「蹴りが多彩ですね。私はアマチュアのときに二回(一勝一敗)戦わせていただいてるんですけど、すごく技術があって。(8月K-1大阪大会での)KANA選手との試合を観ていても、すごく気持ちが強いなという印象があります」

――今回のトーナメントは壽美選手、真優選手、そしてKANA選手と日本人選手は3名が出場しますが、この一戦は日本人対決ということでも注目されています。どのような試合を見せたいですか?

「前回は気持ちの強さで乗り切ろうと思ったんですけど、ヨセフィン選手と戦ってあまりの引き出しの多さの違いを感じたので、技術面でもしっかり力をつけて臨みたいです」

――勝ち上がれば本戦に出るチャンスをつかみます。

「こちらはトーナメント一日二試合やるつもりで練習をしています。きつい練習をずっと続けていて体力面も大丈夫だと思いますし、前回は外国人選手の身体の強さを感じたので、しっかりフィジカルもやった上で挑みます」

――トーナメントが開催されることで女子がより注目されるようになり、選手層も厚くなってきました・自分がその先頭に立ちたいという気持ちはありますか?

「もちろんあります! 格闘技をやるんだったら一番上を目指したいので。K-1というすばらしい舞台に立たせてもらっているので、しっかりトップを取って引っ張っていきたいと思います」