2019.12.12

 東京・足立区のPOWER OF DREAMにて、12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」の[スーパーファイト/スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]で平山迅と対戦する中野滉太が公開練習を行った。

 3月の「K'FESTA.2」でプレリミナリーファイトでFUMIYAをKOで下し、今回がK-1本戦・スーパーファイトに初出場となる中野。さらなる飛躍を目指し今大会ではシルバーウルフの平山に挑む。公開練習では軽量級で活躍する仲間たちにも劣らないスピードのコンビネーションミットを披露し、さらにスーパー・ライト級ならでは力強さも感じさせる攻撃も繰り出した。

 前戦7月のKRUSH後楽園大会で中野はWLF-65kg級王者ワン・ポンフェイと拳を交えた。中国のトップファイターと互角に渡り合い一旦は勝者として名乗りを上げたものの、ローブローを巡って裁定が覆り、中野にとっては苦い経験になった。それでも中野はチャンピオンクラスと戦えたことは大きな経験になったとあの一戦を振り返る。

「ポンフェイ選手との試合は自分にとってはかなり大事な試合で、自分の中でもすごく良い経験になって、勝敗どうこうよりも大事な一戦でした。あの一戦を経てK-1の本戦でどういう方向に行くのか、自分でも楽しみですね」

 対戦相手の平山の印象を「もともと1階級上の選手だったしパワーはすごいと感じる」と話す中野だが、「自分も負けないぐらいのパワーがあると思っているし、練習量では負けてないと思います」とパワー勝負、そして1日10時間以上もこなすというPOWER OF DREAMの驚異的な練習量を拠り所に自信を見せる。

 武居由樹・江川優生の両K-1王者をはじめ強豪ぞろいのPOWER OF DREAMの中でも、中野のポテンシャルの高さを評価する選手・関係者は多い。出稽古先や選手間でも「中野は強い」という声が聞こえてくるほどだ。

「出稽古では色んな選手とやって得る部分もあるんで、そこは自分にとってプラスになってます。でも試合になったら相手のことを考えなきゃいけない。今回も良い結果が出せるように色んな人と練習しましたし、試合が楽しみです。練習で強くても試合で出せなきゃ意味がないんで、試合でいかに良いものを出せるかが大事だと思います」

 プロ選手は中野を含めて5人と少数精鋭のPOWER OF DREAMだが、今年の敗戦は先に挙げた中野のワン・ポンフェイ戦のみという驚異的な勝率で快進撃を続けた。続々と仲間たちがベルトを手にする中で中野も「今年POWER OF DREAMは良い波に乗ってるし、チャンピオンも出ている。この試合はチャンピオンに近づくための大事な一戦」と位置づけ「今年は佐々木選手もベルトを獲って、江川くんもK-1のベルトを獲った。必然的に次は自分だと思うので、一戦一戦目の前の試合を大事にしていけば、自然とベルトが近づくと思います。この大事な試合を勝ってKrushのベルトを目指したい」と意気込みを語る。

 ジムの象徴的な存在である武居とは会長宅に住み込みで練習するようになって10年来の付き合い。ジムの先輩という関係を超えた兄弟のような絆がある。

「ずっと武居くんの背中を見てきたんで、一緒にK-1本戦に出場出来ることに対して特別な想いがあります。同じ舞台に出て同じ試合に出るというのはすごく楽しみです。2人揃って勝ちたいと思うし、POWER OF DREAMでは今年は自分と武居くんが最後だと思うんで、今回の大会では自分が先に勝って、由樹くんにPOWER OF DREAMの代表として最後を締めてもらいたいなと思います」

 この日はPOWER OF DREAMの5選手が勢揃い。K-1王者となったばかりの江川も「自分も1月にKRUSHのベルトを獲ったし、由樹くんのK'FESTAから始まってPOWER OF DREAMは本当に良い流れが続いてるんで、このまま最後を由樹くんと中野くんに締めてもらって勝利で年末を迎えたいですね」と激励し、2019年をチーム一丸となって“POWER OF DREAMの年”にするつもりだ。

「年末最後のK-1・本戦というずっと出たかった舞台にやっと出られるので、しっかり盛り上げて良い試合をして気持ちよく勝ちたいと思います。皆さん応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った中野。武居に勝利のバトンをつなぎ、POWER OF DREAMとして最高の形で2019年を締めくくることができるか?

 

選手登録