2019.11.25

 11月25日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで“K-1冬のビッグマッチ 第1弾”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」の一夜明け会見が行われた。

 スーパーファイトで総合格闘家の川原誠也と対戦した皇治は、ダウンを先取される苦しい展開となったが、そこからダウンを奪い返し、2Rに逆転KO勝ち。「パンチ力だけで言ったら全然タケポン(武尊)よりあった」と川原の攻撃力を称えつつ「試合中はほぼ記憶がなかった」という激闘を振り返り、改めてK-1を盛り上げる今後の戦いを誓った。

「いやもう、K-1のために演技をするのは疲れました。体を張ってあんな効いてるフリをして。あれはK-1のために、盛り上げるために演技をしたんです……と言いたいところですけど(笑)、マジでパンチあったっすよ、あれ。ヤバかったっすね。俺も数々の強豪とやらしてもらってきましたけど、パンチだけで言ったら全然タケポン(武尊)よりありましたからね。だから正直焦りましたし、KIDさんとかのスパーリングパートナーをしているだけあるなと思いました。

 練習してないような雰囲気を出していましたけど、結構体も締まっていたし、この試合に向けて気合いを入れてくれたんやろうなっていうのは感じました。なんか裏で暴れたり態度が悪かったっていう話を聞いていたんですけど、試合が終わってから喋ったら男らしくていい人やなと思って。もうパシリにするのはやめたろうと思いました(笑)。

(MMA選手の川原は)やっぱり距離感とか違いましたし、打ち方が違くて、分かっていたんですけど、ハイキックを蹴ろうとしてそれに合わせられたのかな。結構効きましたね。もう横浜アリーナがグラングラン回ってました(苦笑)。

(ダウンについて)得意のハイキックを蹴ろうと思ったら1発目で思いっきり合わせられたでしょ。それであそこから記憶がブッ飛んで、インターバルに帰るまで、もう記憶がぶっ飛んでました。記憶がないです。それで大宮司さんに何でダウンをもらったのか、何でダウンを獲ったのかも教えてもらって。それで2ラウンド始まるぐらいから記憶が戻ってきて戦えました。

 2ラウンドが始まってからすごく声援が聞こえて、ヤバいなと。これは負けたらハンパないな、K-1が終わってしまうと思って、俺の入場曲の歌詞じゃないですけど意地とプライドで立ちました。ダウンの後は記憶はほぼなかったです。今はだんだん思い出してきているんですけど、試合中はほぼ記憶がありませんでした。あいつ結構どエラいパンチでした。あれはアホですよ(笑)。

(K-1ファイターとMMAファイターの)戦い方の違いは感じましたし、やっぱりそれなりのトップ選手のスパーリングパートナーをしていたと言っていて、そういう風なのはすごく感じたし、雰囲気がありましたよね。だからあの選手がまたK-1に上がってくれたら盛り上がるんちゃうかなと思いました。ファンのみんなも盛り上がったでしょう。ああいう異種格闘技。

 次の試合はファンのみんなと約束していたようにやろうかなと思っていたんですけど…ちょっと俺何回か目が折れたことがあって、多分折れていると思いますね。今すごく視界が悪くて、左側が真っ暗なんですよ。だから次の試合のことは後々考えます。体が大事なので。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)改めて俺がスターですね、K-1の。またそんなことを言ったらタケポンが怒ってくるわ(笑)。でも本当に力になりました。本当にくどいですけど、みんなの声援がなかったらあれは倒れていてもおかしくないと思いますし、それぐらいの感じでした。でもみんなの声援がすごい届いたし、意地とプライドで立ったので、やっぱりK-1はそんなに甘くないっていうのは見せれてよかったです。

 ほんと俺ずっと言っていますけどK-1が好きなので、K-1が盛り上がるために戦いますし、K-1が盛り上がるために格闘技を盛り上げていこうと思っているので、みんなと約束したことを守れるように頑張るので、みんなついてきてくれたら嬉しいです。いつも本当にありがとうございます」

 

選手登録