2019.11.25

 11月25日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで“K-1冬のビッグマッチ 第1弾”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」の一夜明け会見が行われた。

 ジョーダン・ピケオーは高校在学中のK-1王座戴冠を目指す近藤魁成と対戦。2RKOで返り討ちにし、VS日本人無敗記録を更新するとともに、久保優太が持つK-1ウェルター級王座戦の実現を改めてアピールした。

 また、城戸がスーパー・ウェルター級トーナメントの開催を提案していることを聞くと、ピケオーはこれに対し「俺がすぐにベルトを懸けて城戸選手と戦ってもいい」と即座に反応。ウェルター、スーパー・ウェルター級戦線が騒がしくなってきた。

「昨日は簡単な試合ではなかったが勝つことができた。自分自身のやりたかったことが全然できなかったので、そういう意味ではもっといい試合ができたと感じている。試合としては勝てたのだが、近藤が本当によかったので自分のやりたいことを全くやらせてもらえなかった。またすぐにK-1のリングに戻ってきたいと思う。

(どんな試合をイメージしていた?)実際はもっとハードなパンチを食らわせてやろうと思っていた。でも近藤は前蹴りを上手く使って距離を取る戦いをしてきたので自分がやりたいような、距離を近づけてパンチを打ち込む試合をさせてもらえなかった。彼のあの年齢でああいう試合運びができるというのは将来的に危険な、手強い相手になるんじゃないかと思う。

(タイトル戦への想いは?)まずやはり最初にオファーのあった67.5㎏で久保とタイトルを懸けて戦いたい。ただ城戸がスーパー・ウェルター級のトーナメントのことを言っていて、空位のタイトルを懸けてトーナメントをやるのであれば、そんな煩わしいことをせず、ベルトを懸けて俺と城戸選手と戦ってもいいと思っている。

 いつも応援ありがとう。自分は常にベストの試合をしてみなさんを楽しませたいという気持ちでいっぱいだ。またすぐにみんなの前で試合ができることを楽しみにしている。押忍」

 

選手登録