2019.11.20

 11月24日(日)神奈川・横浜アリーナ“K-1冬のビッグマッチ 第1弾 横浜”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」で行われる「【黒豚しゃぶしゃぶ あじとPresents】スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R」武尊vs村越優汰。この注目の大一番をよこはまつりに出場するファイターたちに語ってもらった。

野杁正明
「多分村越選手は武尊くんのパンチや打ち合いには付き合わず、距離を取って上手にいなして戦おうとすると思います。でも僕も対峙して練習で体験してるんですけど、武尊くんの圧力って同階級以上のものがあるんです。それを考えると僕は武尊くんがKOで倒すんじゃないかなと思います。

(もし自分が村越選手だったら?)村越選手ってパンチ力があるってイメージはあんまりないじゃないですか。でも人間なんで当たれば倒れると思うんで、僕が村越選手だったら徹底して武尊くんのペースに付き合わないで的確に攻撃を当てることを意識すると思います。

 特に村越選手はサウスポーなんで自分の距離を保って、サウスポー特有の間合いやリズムで戦うことができる。だから必ず間合いを保って蹴りをどんどん当てて、三日月蹴りだったりヒザだったり、ボディで削ってポイントと取っていく。相手に合わせず自分の戦い方をするだけ、自分の空間しか作らない、そんな気持ちで戦えば勝利に近づくと思います」

不可思
「村越選手は距離を取って戦うと思いますけど、武尊はそれを潰してガンガン前にいくと思うし、あまり距離を取る感じでは戦わないでしょうね。村越選手が距離の取り合いで上回れば、村越選手のやりやすい展開になると思うし、まずは距離の取り合いになるかなと思いますね。

 パンチの選手からしたら村越選手みたいにサウスポーで上手く距離を取るタイプは嫌なんですよ。武尊もそういう相手とたくさんやってきてると思うんで、距離を潰していつもみたいな感じでいっちゃうんじゃないかなと思います。ただ村越選手は本当に上手いですからね。村越選手が最後まで距離を取るっていう戦い方を徹底出来れば勝つ可能性もあるなとも思います。

 村越選手は試合前から倒して勝つつもりはないと言ってますけど、それは“倒す”つもりがないだけで、その方が自分の勝率が一番高くなると思って言ってるだけだと思うんですよ。だったら試合でも最後までそこにこだわるべきかなと思います」

大沢文也
「試合展開は正直村越選手が上手く戦うと思います。ただ3Rずっと武尊のパワーと圧力を全部逃げられるのか、と。僕は逃げられないと思いますね。本当に村越選手は上手い選手なんですけど、僕からしたら試合展開どうのこうのじゃなくて、武尊が倒して勝つ!という気持ちでどんどん追い詰めていくと思います。

 もし僕が村越選手のセコンドだったら蹴って逃げてをひたすら繰り返させますね。三日月蹴りを蹴って、すぐに逃げて……を徹底して、武尊には一切付き合わない。これはつまらない試合をしてる俺だからこそ言えることなんですけど(苦笑)、正直村越選手の試合ってつまらないじゃないですか。でもあれって強くないと出来ないんですよ。

 だって西京春馬選手とか相当強いのに、その西京選手の強さや光まで消しちゃうじゃないですか。そんな選手が『KOする気がない』とか『勝ちに徹します』って言ってるわけだから、相当やりにくいでしょう。ただ対戦相手が相手なんで、その勝ちにこだわる戦いを3R通して出来るのかってところが注目だと思います。ずばり俺は武尊の圧勝はないと思っています」

 

選手登録