2019.10.22

 10月21日(月)愛知・名古屋ガーデンパレスにて記者会見が行われ、12月28日(土)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」の第2弾対戦カードが発表された。

 8月のK-1大阪大会のメインイベントで皇治に延長戦の末に惜しくも敗れた大岩龍矢。その再起戦の相手が“鉄の拳”スタウロス・エグザコスティディスに決定した。剛腕かつK-1・KRUSHのリングでKO負けのないタフな両者の激突に注目が集まる。

「スタウロス選手とは必ずKO決着になる」と激闘を約束した大岩は、ラグビー出身ということもあって「ラグビー日本代表を見てめっちゃ感動しました。K-1もラグビーに負けないぐらい凄いスポーツだと思ってるので、自分の試合で皆さんに感動を伝えたい」と熱弁。地元・名古屋でのスタウロス戦という大一番への想いを語った。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/-QozpKIKKfk

大岩龍矢
「スタウロス選手はパワーもあってフィジカルもあって、試合もパワー勝負だと思っています。そして必ずKO決着になると自分でも思ってます。少し話が変わるんですけど、僕はずっとラグビーをやっていて、昨日のラグビー日本代表の試合を見てめっちゃ感動しました。ラグビーが本当にカッコよくて勇気とパワーを与えるスポーツだということを僕は知っていたし、K-1もラグビーに負けないぐらい凄いスポーツだと思っています。

 また僕は海外の選手と試合をするのが初めで、すごく気合いも入っているし、日本代表のつもりで戦います。K-1はみなさんに勇気と感動を与えるスポーツだと思うし、僕も今回は日本代表として戦って、日本のみなさんに勇気と感動を与えたいと思います。

(皇治戦から気持ちの切り替えは上手くいった?)試合後にちょっと感情的になって『負けたと思っていない』と言ってしまって、今も皇治選手には負けてないと心の中では思っていますが、ダウンも取れなかったことは事実です。今はKO以外は自分の中で負けかなと思っているんで、次はKOで勝ちたいと思ってます。そして皇治選手とも再戦はもちろんしたいと思ってます。

(お互いにKOする力がある一方でKO負けもないタフなファイターだが、それでもKOするイメージは出来上がっている?)僕は倒しに来る選手の方がKO勝ちが生まれると思うんで、絶対にどちらかが倒れると思います。(武尊がKO出来なかった選手をKOするというのも大きなモチベーション?)そうですね。武尊もダウン・KOできなかった相手だし、皇治選手もそうです。そこで自分がKO勝ちしたら前の皇治選手との試合の結果も自ずと分かると思うんで。あとは皇治選手ともしっかりケリをつけたいと思っているんで、ここをしっかりKO勝ちして自分の強さを証明したいと思います。

(地元・名古屋で戦うことについては?)どれぐらい応援が来るかは分からないですけど、名古屋は地元ですし、みんなに見に来てほしいです。名古屋の選手は有名な選手、強い選手一杯いますけど、K-1名古屋と言えば大岩龍矢と言われるようにします。皆さん見に来てください」

スタウロス・エグザコスティディス(コメント代読)
「再びK-1のリングで戦えることを嬉しく思う。大岩はタフで強い選手だ。そして武尊と同門だ。武尊へのリベンジに燃える自分としては、大岩に負けるわけには行かない。12月、日本のファンの前で最高の試合を見せる」

 

選手登録