2019.10.22

 10月21日(月)愛知・名古屋ガーデンパレスにて記者会見が行われ、12月28日(土)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」の第2弾対戦カードが発表された。

 K-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹がスーパーファイトでムエタイの強豪スリヤンレック・オーボートー.ガムピーと対戦する。武居は6月の両国大会で現役王者としてスーパー・バンタム級世界最強決定トーナメントに出場。決勝までの3試合をすべてKO勝利で飾り、見事優勝を果たした。まさにスーパー・バンタム級の最強王者として君臨する武居が、今回は強豪タイ人ファイターを迎え撃つ。

 この対戦決定の経緯として、中村拓己K-1プロデューサーは武居が昨年12月に同じタイ人のヨーブアデーン・フェアテックスに勝利するも、延長までもつれたことを踏まえ「武居選手と強豪タイ人の試合が見たいと思い、あれから一年経って武居選手とタイ人の試合を組むことになった」と説明。

 スリヤンレックはパンチを得意とし、タイでも激闘派と知られる実力者。主戦場のラジャダムナンスタジアムでは常にメインイベントやセミファイナルで試合を組まれ、K-1向きの激しい試合で人気を博している。中村プロデューサーも「ハッキリ言って、武居選手がKOされてしまうんじゃないかと思うくらいの危険な相手。すごい試合になると思う」と熱戦を予測した。

 会見に同席した佐藤嘉洋・K-1名古屋大会特別実行委員も「軽量級においてムエタイを見て見ぬフリは出来ない。タイ人は身体が小さいので軽量級の層がケタ違いだし、K-1がルールに対応できそうなタイ人を呼んできたことをうれしく思う」と大きな期待を寄せた。

 会見に欠席となったスリヤンレックからは「K-1ルールで戦うことが楽しみ。チャンピオンの武居に勝つ姿を見せたい」という闘志をむき出しにしたメッセージが到着。武居はスリヤンレックについて「ヨーブアデーン選手よりもK-1向き。(前回は)ムエタイをちょっと舐めてた部分があったので、今回は気持ちを入れ直してムエタイに勝ちたい」と、昨年12月の反省も踏まえ、意気込みを見せた。

 また今回はスーパー・バンタム級よりも1kg重い-56kg契約となるが「フェザー級に上げるか、スーパー・バンタムでやるか、正直まだわからない」と語るに留めた武居。11月の横浜大会で行なわれるK-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメントに同門の江川優生が参戦することもあり、その結果次第で判断したい模様だ。

 スリヤンレック対策については「圧力が強い選手だが、そういう方がカウンターを取りやすい」と分析し、さらに「KOで倒して(K-1 AWARDSの)MVPに選ばれるような試合を見せたい。6月のトーナメント以上のインパクトを残す」と頼もしく宣言。K-1軽量級の雄がムエタイの強豪ファイターを撃破し、2019年を有終の美で締めくくるか?

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/CUtdkTynkgw

武居由樹
「こんにちは、足立区のPOWER OF DREAMから来た武居です。今回、スリヤンレック選手というタイ人と戦うんですけど、去年戦ったヨーブアデーン選手よりもK-1向きなのかなと思います。本当にパンチが強くて、パワーもあってという選手です。前回、半年前くらいにトーナメントに出たんですけど、その中の出場メンバーよりも強いです。年末ですし、来年をいいふうに迎えられるように、しっかり倒して勝ちたいと思います。

 また今回は-56kg契約で試合をするんですけど、フェザー級に上げるか、スーパー・バンタムでやるか。11月に横浜でフェザー級トーナメントに江川が出るんですけど、その江川の結果次第で、どうするかは分かりませんが、これから先も楽しみにしていてください。(昨年苦戦したヨーブアデーンとは違うタイプだが、ムエタイに借りを返したい思いはあった?)そうですね。正直、ムエタイをちょっと舐めてた部分はあったのかなと思うので。もう一回、気持ちを入れ直してムエタイに勝ちたいと思います。

(スリヤンレックは普段フェザー級で戦ってる選手だが)軽量級の1~2kgは大きいですが、-56kg契約で戦ってみて、僕のパワーが通用するのか。ちょっとまだわからない部分があるので。でもそこだけですかね、怖いのは。倒すのはパワーだけじゃなく、スピート、テクニック、全部使ってしっかり倒したいと思います。(実際に映像を観て、スリヤンレックのパンチをかいくぐって倒すイメージはできあがってる?)そうですね。前に前に出てきて圧力の強い選手で、どちらかといえば、そういう選手のほうがカウンターを取りやすいので。カウンターを取って倒したいと思います。

(この試合に勝てば、今年のK-1 AWARDSのMVPも見えてくると思うが?)ここまで今年はいい調子で来て。去年も年末までいい調子だったんですけど。調子に乗らず、しっかり地に足つけて。12月の名古屋大会もKOで倒して、MVPに選ばれるような試合を見せられればいいなと思います。

(中村プロデューサーから『武居選手が倒されてしまうかも』という発言があったが、それを聞いて燃えるものは?)本当にそれくらい強い選手です。まあでも倒されないです。一発ももらわずに、全部自分が攻撃を当てて、6月のトーナメント以上のインパクトを残す試合を見せたいと思います」

スリヤンレック(司会者がコメント代読)
「私はムエタイの中でもパンチを得意にしているファイターで、K-1ルールで戦うことが楽しみだ。K-1チャンピオンの武居に勝つ姿を見せたい」