2019.10.21

 10月21日(月)愛知・名古屋ガーデンパレスにて記者会見が行われ、12月28日(土)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」の第2弾対戦カードが発表された。

 野杁正明の対戦相手がトルコ人ファイターのハッサン・トイに決まった。野杁は今年3月の「K'FESTA.2」でvs日本人無敗を誇るジョーダン・ピケオーと激突。結果的には判定負けを喫したものの、ピケオーをハイキックでぐらつかせるなど、その強さをあらためて証明した。続く8月のK-1大阪大会では、サミ・ラミリに力の差を見せつけてKO勝利。今大会はピケオーへのリベンジ、またウェルター級王座奪取に向け、地元名古屋でスーパーファイトに臨む。

 対するK-1初参戦のトイは、ヨーロッパ・ウェルター級の実力者として知られるファイター。身長184cmという恵まれた体格から繰り出すパンチとヒザ蹴りを得意とし、K-1でも活躍したイリアス・ブライドにも勝った実績を持つ。

 この一戦について中村K-1プロデューサーが「ハッサンはピケオーに並ぶ強豪。世界的に注目されるハイレベルな一戦」と期待を寄せると、佐藤嘉洋・K-1名古屋大会特別実行委員も「ハッサン選手は間違いなく世界レベル。野杁正明とジョーダン・ピケオーを混ぜたようなファイトスタイルで、伸びのある打撃に加えて接近戦でのヒザ蹴りもうまい。この試合は本当に注目したほうがいいと思う」と興奮を隠さない。

 野杁はハッサンについて「野杁正明の強さを証明するには持ってこいの選手。僕たちが今大会で一番の熱い試合をして、必ず僕が圧勝でKOしてブッ倒す」と必勝を誓い「ウェルターのチャンピオンは野杁正明だなって思われるような試合をしたい」と二階級制覇も見据えて力強いコメント。

 一方、会見を欠席となったハッサンからはメッセージが届き、野杁を「すばらしいテクニックを持った選手」と称えつつも「新たなスター誕生の瞬間を見逃さないでくれ」と初参戦の舞台に向け大きな意気込みを示した。野杁がKO勝利で故郷に錦を飾るか? それとも“未知の強豪”ハッサンが衝撃のK-1デビューを果たすか? 世界レベルの攻防に期待が高まる。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/ak13D8hrqMs

野杁正明
「名古屋でK-1が開催されることが、僕は凄くうれしく思います。その記念すべき第1回大会で、こういう強豪選手と対戦を組んでいただいて、僕自身、凄い楽しみにしてますし、あらためて野杁正明の強さを証明するには持ってこいの選手だと思いました。(ハッサンは)初参戦で知らない方も多いと思うんですけど、今回は本当に強い選手なので。僕たちが今大会で一番の熱い試合をして、必ず僕が圧勝でKOしてブッ倒すんで、ぜひ楽しみにしていてください。

(ハッサン・トイはスーパー・ウェルターでもトップ選手と試合をこなしているが?)
僕もピケオーとやってるんで。ピケオーもウェルターでもスーパー・ウェルターでもやってる選手なので、そこはそんなに意識はしてないです。ジムでも愛鷹亮選手であったり藤村大輔さんだったり、上の階級の選手ともスーパーリングをやらせてもらってるんで、そこは全然気にしてないですね。

(以前からピケオーにはリベンジしたいと発言していたが、いまの自分の力を試す上で最適な相手?)そうですね。ピケオーにリベンジするためにも、2階級制を成し遂げるにも、負けは許されないと思うので。誰が相手でもしっかり自分の実力を見せつけて、ウェルターのチャンピオンは野杁正明だなって思われるような試合をしたいなって思ってますね。

(K-1初の名古屋大会だが、どんな勝ち方を見せたい?)僕はスーパー・ライト級のベルトを獲ってからの勝ち試合は全部KOなので。KOすることを目標にずっとやってきました、それを有言実行できているので。今回もKOが最低条件だと思うので、必ずKOできるようにがんばりたいと思ってます。

(以前、『ベルトはピケオーがベルトに挑戦したあとでも構わない』と発言していたが、その心境は変わらない?)そうですね。ちょっとチャンピオン(久保優太)が大変なことになっちゃったみたいで。まあ、がんばってほしいなっていう気持ちはあるんですけど、そこは本人のモチベーション次第というところもありますし、ケガの具合もあると思うので。そこは一概には言えないですけど、本当にタイミングだと思いますね。

 ピケオーが先にタイトルマッチをやるのか。今度、11月の大会で近藤選手とピケオーもやりますし、そこでもし、ピケオーが負けることがあれば、その順番っていうのが崩れるかもしれないですし、そこはなんとも言えないです。僕は決められた試合を一個一個勝って、ベルトにたどりつきたいなって思ってますね」

ハッサン・トイ(司会者がコメント代読)
「子供の頃から夢見ていたK-1のリングに上がることを、とてもうれしく思う。野杁はすばらしいテクニックを持った選手で、そんな選手と戦えることが本当に楽しみだ。自分の100\%のパフォーマンスを出し、最高の試合を日本のファンのみんなに届けたい。新たなスター誕生の瞬間を見逃さないでくれ」

 

選手登録