2019.08.08

 大阪・昇龍會にて、8月24日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」の[日本vs世界・5対5/-68kg契約/3分3R・延長1R]で 木村“フィリップ”ミノルと対戦する大泉翔が公開練習を行った。

 元プロボクサーで西日本新人王も獲得している大泉。4月のデビュー戦(KRUSH)ではボクシング仕込みの強烈なパンチで先制ダウンを奪うも山際和希のハイキックに沈み白星とはならなかったが、K-1 JAPAN GROUP2戦目にして木村戦という大チャンスが舞い込んだ。

 対戦発表会見では木村ファンであることを公言した大泉だが、この日はさらに進んで木村の試合によってK-1へ導かれたことを語った。

☆公開練習動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/seLJvuBilbA

「2014年にK-1が新しく始まって、木村選手がイケイケで『俺がカリスマだ』みたいなことを言って、ほぼ蹴らずにパンチだけで倒したりしていて『この選手、面白いなぁ』と思ってずっと見ていました。あの時はちょうどボクシングを辞めたぐらいだったんですけど、木村選手の試合を見て『自分もK-1をやりたい』と思いました。そういうきっかけにもなった選手です。

 ファイターとしての木村の印象を「派手で、とりあえず僕の中では人間じゃない、もう怪物だと思っています。木村選手のパンチはハンドスピードが速くて、ボクサーと違う独特なリズムで急に飛んでくる。喧嘩っぽいスタイルだと思う」と話す大泉だが「穴がない訳でもない」と断言。「僕も喧嘩スタイルで行こうかなと思うし、倒すかと倒されるかの試合になると思う。でも僕が先に倒して失神させちゃおうかなと思っています」と拳だけで生き抜いてきたボクサーとして、パンチ勝負で後れを取るつもりはない。

☆公開練習動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/seLJvuBilbA

 公開練習では得意のパンチのミット打ちを披露。蹴りのミット打ちはしないのかと質問が飛ぶと「それは秘密です(笑)。僕の蹴り技が出るのか出ないのか、それはお楽しみということで」と不敵に語った。

 プロボクシングでは堅実なアウトボクシングを武器としていたという大泉だが「僕はアマチュア時代から吠えてからリングに上がるとか、意味の分からないステップやアリシャッフルをやって、よく怒られていました」という派手好きな性格。"浪速の猛獣"のキャッチフレーズ通り、大阪大会のリングで大暴れするつもりだ。

「やっぱり関西はイケイケが好きなので、アウトボクシングをして勝ってもシラけるかなと思うので、もう暴れ回ろうと思っています。今までで過去最高のパンチ力に仕上がっていると思うし、僕のパンチが当たったら相手は気を失うんじゃないかなと思うので、とりあえずフルスイングでシバいたろうと思ってます。僕の人生の中で今1番パワーはあります。K-1さんが“浪速の猛獣”というキャッチフレーズをつけてくれてメッチャ気に入っているので、猛獣らしく暴れ回ったろうかなと思っています」

 大泉はそのショーマンシップとボクシング仕込みの剛腕で木村とのハードパンチャー対決を制することができるか?

☆公開練習動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/seLJvuBilbA

 

選手登録