2019.07.30

 大阪・月心会にて、8月24日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」の[スーパーファイト/K-1女子-52kg契約/3分3R・延長1R]でKANAと対戦する真優が公開練習を行った。

 同門の椿原龍矢と同じく気温42℃の道場での公開練習実施となった真優だが「調子はめっちゃいいですね。動けてます。夏バテすることもなくバッチシです」と絶好調を宣言。「やっぱりK-1に出るのは自分の目標でもあったし、地元大阪でできるのはほんまに嬉しい。応援に来てくれる人もたくさんいるので、勝ってKANA選手の立ち位置を奪いにいきたい」と、何よりモチベーションの高さが絶好調の裏にはあるようだ。

 6月1日のKHAOSで試合が組まれていた真優だが、対戦相手が計量オーバーで失格。K-1・KRUSHの女子をけん引しているKANAとの対戦といういきなりのビッグチャンスが舞い込んだ。

☆公開練習動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/Pn45UCjeMvo

 今回がK-1 JAPAN GROUPでお披露目となる真優は「自分はもともと空手が主体でパンチもキックも両方得意なので、そこをしっかり活かしてKANA選手に挑もうと思っています。両方とも上手いこと使えている部分をしっかり見てほしいです。基本なんでもできるので、そこを見てもらえればと思います」と自身を解説。この日公開したミット打ちでも、実際に左右のパンチと蹴りをバランスよく打ち込み、ハイキック・上段前蹴りといった技でもキレを見せた。

「K-1は大きな舞台なので慣れない部分もあると思うんですけど、自分の動きをすれば勝てると思うので、プレッシャーとか緊張に負けんとリラックスしてしっかり自分の動きを、K-1の大舞台でできればと思っています」

 はるかに格上であるKANAの相手に抜擢となった今回だが、真優は強心臓でむしろ楽しみだと語る。

「SNSでたくさん情報が回っていて、格闘技好きな人とかから『おもろい試合してな』みたいな感じでめっちゃ連絡が来ます。でも、そうやって応援が多い方が自分は頑張れます。しっかり勝ってみんなにいい報告をしたい。すごい楽しみです」

☆公開練習動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/Pn45UCjeMvo

 対戦発表会見で「誰が見ても実力差があると思うし、自分自身も相手に不足がある」と話したKANAに対しても次のように言い放つ。

「KANA選手は今まで女子を引っ張ってきた選手で、私もすごい尊敬しているんですけど、やっぱり尊敬だけじゃ自分も終われない部分があるので、そこをしっかり、1回でちょっとすみませんっていう感じなんですけど、奪いに行きます。自分も逆の立場になってみたらそう思うんで。(「相手に不足がある」という発言に対して)そう思われても仕方ないとは思っているんですけど、やっぱりちょっと舐められている部分もあるので、そこは気を抜かないようにって伝えたいです(笑)」

 すでに世界の強豪と拳を交えてきたKANAに対しプロでの戦績は劣る真優だがアマチュアでの経験は豊富で、「周りからしたら120\%KANA選手が勝つだろうと思われていると思うんですけど、別に今はそう思われていてもいいし、しっかり試合で見てもらったらいいと思ってます。男子選手ともずっと試合をしてきたりしているので、そうやって見られてきた対戦も何回もありました。だから怖いものはないです。周りの目も意見も気にせず、しっかり自分の動きをしたら勝てると思っています」と強心臓の由来はこれまでの歩みにあることを明かした。

☆公開練習動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/Pn45UCjeMvo

 KANAはK-1での女子トーナメントの開催をアピールしているが「KANA選手が『トーナメントをやるには日本人選手も必要』言ってくれていたので、その枠に自分が入れるよう今回いい動きをして、自分の存在を覚えてもらいたい。真優もトーナメントに必要だなと思ってもらえるようしっかり見せたい」とKANA戦の先にトーナメント出場を見据える。

 改めて「“日本人にもこんな選手がいるんだ”っていうことをファンの方の目に焼きつけてほしいので、私の存在も知ってもらえるよう、8月はしっかり魅せて、立ち位置を奪いにいきます」と真優。“強い方が勝つのではなく、勝った方が強い”とは格闘技の世界でよく言われる言葉だが、真優はその言葉通りに下剋上を成し、K-1 JAPAN GROUPで存在をアピールできるのか。

☆公開練習動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/Pn45UCjeMvo