2019.06.29

 6月30日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」の[プレリミナリーファイト/ K-1スーパー・ライト級/3分3R]で対戦する迅也と寺島輝のコメントを公開!

迅也
「2度目のK-1の舞台、そして初の両国大会に呼んでいただいて素直に嬉しいです。今回は先輩の小宮山工介選手も出るので僕がしっかり勝って繋げたいと思っています。僕が格闘技を始めたきっかけは小1の頃に親に空手道場に連れて行かれて空手を始めました。その後、中学生からキックボクシング、高校時代はボクシング部にも所属していました。この試合のために全てにおいて過去最高に練習してきました。今回から倒せるパワーを付けるためにフィジカルトレーニングも取り入れました。

(対戦相手の印象は)勢いがあってイケイケな選手だと思います。右ローキックが嫌だなあという印象です。今回のテーマは進化した姿を見せることです。過去最高に練習してきて自信もあるので進化した姿を見せます。パンチでも蹴りでも倒せる準備をして来たので、流れの中でKOしたいと思ってます。いつも応援して下さるファンの皆さん本当にありがとうございます! プレリミナリーファイトから熱い試合をして会場を盛り上げるので楽しみにしていて下さい!KOします!」

寺島輝
「ずっと小さい頃から憧れていたK-1に出られることになって、素直に嬉しい気持ちです。僕が格闘技を始めたキッカケは幼稚園年中の時に空手の道場を見学に行って、それからすぐに空手を始めました。格闘技歴は極真空手14年、伝統派空手3年、キックボクシング4年です。今回は心拍トレーニングそしてトップの選手の方々と対人練習をしてきました。

(対戦相手の印象は)あまり映像を見ていないのでサウスポーくらいしか印象はありません。何もさせないということをテーマに持って戦って、どの局面でも圧倒して倒します。みなさんには僕の技の引き出しの多さ、どの武器でも倒せるという所をアピールしたいです。大舞台、思いっきり楽しんでいきます!ご期待ください!」

 

選手登録