2019.06.28

 6月28日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、6月30日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」の[スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]で西京春馬と対戦するホルヘ・バレラが公開練習を行った。

 バレラは初来日となった昨年6月の第2代フェザー級王座決定トーナメントで小澤海斗をKO、準決勝で村越優汰に敗れたものの先制のダウンを奪ってみせた。そしてK-1再登場となった今年3月の「K'FESTA.2」でも芦澤竜誠をKOするなど海外勢としてフェザー級の驚異となりつつある。

 公開練習では弟分のリーバス同様にリズミカルなパンチ主体のミット打ちを披露し「いつ試合してもいいように準備は出来ている。来日する前から仕上がっているよ」と臨戦態勢。西京対策についても「西京は頭の良い選手で予測のつかない動きもするが、西京用に対策を練って準備はできている」と万全で「間違いなく1RでKO勝ちする自信がある」とこれまで一度もKO負けがない西京をマットに沈めると宣告した。

「いつ試合してもいいように準備は出来ているし、来日する前から仕上がっているよ。(K-1の常連選手になりつつあることはどのように思っている?)K-1に参戦して3戦目になるが、継続参戦させてもらっていることはとても光栄に思っている。

(対戦相手の西京選手の印象は?)頭の良い選手で予測のつかない動きもする。若くて元気のファイターだという印象を持っている。(大会前のインタビューでは『今までと全く違うファイトスタイルでファンを驚かせる』と発言していたが?)もちろん対戦相手によって戦い方を変えて準備をするが、今回も西京用に対策を練って準備はしてきている。

(今までのバレラ選手とは全く違った試合が見れる?)もちろんスタイルも変わって、もの凄く強くなっているし、そういった意味で変わった自分を見せることが出来るだろう。間違いなく皆さんを楽しませる試合をする。(西京はプロでダウンを喫したことがない選手だがKOする自信はある?)だったら俺が1RでKOしてやる。間違いなく1RでKO勝ちする自信がある。

(この試合にバレラ選手が勝利して、同門のアレックス・リーバスもトーナメントで優勝すれば2人揃ってタイトルマッチという可能性もあるが?)二人揃ってダブルでタイトルマッチが出来れば、とても光栄だし、ぜひとも実現させたいね。(最近スペイン勢が国際舞台で強くなってきた理由は?)自分の所属するTeam Jesus CabelloがK-1で戦うことにものすごく力を入れているからね。自分たちがスペインを引っ張るつもりでやっているし、今は自分とアレックスがこうやって日本に来て戦うことでその強さをどんどん見せて行きたい。
(スペインは情熱の国というイメージがあるが、スペイン人ファイターならではの強さは?)やはり勝つということに対して、しっかりした気持ちを持って練習を積んでいるし、それを実現するためにきつい練習をこなしているからだろう。(ファンの皆さんへメッセージは?)まずこうしてK-1の舞台に呼んでもらって、とても感謝している。Team Jesus CabelloのメンバーみんなでまたK-1で皆さんをを楽しませたい。何度でも日本に来て戦って、もちろん皆さんに楽しんでもらえるようにトレーニングを積んでくる。絶対に西京を1Rで倒すよ」

 

選手登録