2019.06.25

 6月30日(日)東京・両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R]で木村“フィリップ”ミノルと対戦するクルーズ・ブリッグスのインタビューを公開!

――K-1出場が決まった時の心境を教えて下さい。

「K-1のような素晴らしい大会に出場することが決まって、すごく興奮したのと同時に光栄な気持ちだった」

――K-1というイベントにはどんなイメージを持っていますか?

「K-1は格闘技を始める前から好きでよく見ていた。そして自分自身が格闘技を始めるキッカケでもある」

――格闘技を始めたきっかけを教えて下さい。

「元々自分はずっとラグビーリーグ(※13人制のラグビー)をやっていたんだ。それでラグビーをやめた後、健康のために何か運動をしないといけないという理由で格闘技を始めた。ラグビー以外にはサーフィンやスケボーをやるのが好きだったよ」

――今の練習環境・状況を教えて下さい。

「8limbs Bondiという最高のジムで、素晴らしい仲間と最高のトレーニングをしている。トレーナーのアレッサンドロ・ヴォディニは頭も切れて、豊富な知識で自分を最高の状態に仕上げてくれるんだ」

――これまでどんな国・大会で試合をしてきたのですか?

「今までオーストラリア、タイ、ニュージーランドで試合をしたことがある」

――自分のどこをK-1のファンに見てもらいたいですか?

「俺の得意技はパンチだ。そして好戦的でテクニックのある選手だと思っている。エキサイティングで観客が盛り上がる試合をするので期待していて欲しいね」

――ムエタイルールの試合が多いですが、K-1ルールで戦うことについては?

「全く問題ないね。むしろK-1ルールの方が自分には合っていると思っている」

――どんな試合をファンに見せたいですか?

「観客が盛り上がるようなエキサイティングな試合を見せたいね」

――対戦相手の木村選手にはどんな印象を持っていますか?

「パンチのパワーがある強い選手だと思っている」

――彼はK-1ウェルター級でも屈指のハードパンチャーですが、彼のパンチをどう思いますか?

「確かに彼のパンチには気を付けないといけない。でも俺のパンチを甘く見ていたらミノルは痛い目に遭うだろう」

――ファンは激しい打ち合いを期待していますが、打ち合っても勝つ自信はありますか?

「もちろんだ」

――今後のK-1での目標を聞かせてください。

「K-1ウェルター級王者になることだ」

――日本のファンへのメッセージをお願いします。

「エキサイティングな試合を見せるので楽しみにしていてくれ!」

 

選手登録