2019.06.23

 6月30日(日)東京・両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]で西京春馬と対戦するホルヘ・バレラのインタビューを公開!

――3月「K'FESTA.2」の芦澤竜誠戦では見事なKO勝利でした。あの試合を振り返っていただけますか?

「あの試合は自分にとって自信につながるいい試合だった。これからもっとK-1の空気に慣れていけると思う」

――バレラ選手はK-1でインパクトを残す試合が続いていますが、日本やK-1で戦うことは好きですか?

「もちろん!日本は自分にとって第二の故郷と思えるくらい思い入れがある場所になった。日本のK-1ファン、K-1という舞台…すべてが大好きだよ」

――今回の試合オファーを受けた時の心境を教えて下さい。

「K-1からの試合オファーはいつだって光栄なことだ。だから今回もものすごくうれしかったよ」

――前回のK-1参戦と比べて、今はどんなところがレベルアップしていると思いますか?

「俺はまだ成長途中だ。試合の度に新しいことを学び、次の試合に生かしている。そして日々、パンチ力を上げるために厳しい練習をしている。KO出来る技も特訓中だ。フィジカルだけでなくメンタル面やスピードも経験と共にレベルアップしているから楽しみにしていてくれ」

――対戦相手の西京春馬選手の印象を聞かせてください。

「西京はこの階級で一番スピードのある選手だと思う。だが俺にとっては別に恐れる事ではない。サウスポーという部分はあるが、西京には俺を倒せるほどのパワーはない。今回の試合のためにトレーナーと入念に戦略を練っている。今までとは全く違うファイトスタイルに、ファンの皆は驚くかもしれないよ」

――西京選手はK-1のトーナメントで準優勝している選手ですが、彼のことは意識していましたか?

「決勝は本当に残念だったと思うが、あのトーナメントで彼は素晴らしい試合をしていた。ガードも固くとても頭のいい選手だと思う」

――西京選手はスピードがあってディフェス能力に長けた選手です。彼に攻撃を当てる自信はありますか?

「俺のパンチが効かない相手はいない。俺のパンチだったらヘビー級でも倒せるかもしれないな(笑)」

――今回はどんな試合をファンに見せたいですか?

「俺は外国人としてK-1のスターになりたいんだ。そのためには目の前に立ちはだかる壁は全て乗り越えていく。そしてファンが期待している、見ていて興奮するような試合をする」

――今後、戦いたい相手はいますか?

「チャンピオンの村越優汰だ。俺は王座決定トーナメントの準決勝で村越に敗れた。あの試合では本来の自分を出し切れていなかった。今の俺は村越にリベンジし、K-1チャンピオンになる事しか頭にない」

――今後のK-1での目標を聞かせてください。

「K-1でナンバーワンになること、K-1のチャンピオンになること、そしてK-1でスターになることだ」

――日本のファンへのメッセージをお願いします。

「日本のファンの皆、また皆に会えることを本当に嬉しく思う。皆の応援は、自分にとってとても力になるし高いモチベーションになっている。Team Jesus Cabelloとして、皆の期待に応える試合をすることを約束する」