2019.06.16

 6月16日(日)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、8月24日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」の第1弾対戦カードが発表された。

 今年3月「K'FESTA.2」でVS日本人無敗を誇るジョーダン・ピケオーを相手に真っ向勝負を挑むも僅差の判定で敗れた野杁正明。ピケオーへのリベンジに向けた再起戦の相手はタイの強豪シンスリヤー・サクチャイチョートに決定した。

 シンスリヤーはムエタイの殿堂ルンピニー・ラジャダムナン両スタジアムのランキング1位(2019年4月)に名を連ね、オームノーイスタジアム・ウェルター級チャンピオンに輝くなど数々の実績を残しており、海外やタイ国内でも外国人選手との試合経験も豊富な選手だ。
 
 再起戦にして実績十分過ぎるの強豪を用意された野杁は「再起戦の相手にしてはちょっと強過ぎるかなとは僕の中でも思ってるんですけど(苦笑)、今年3月に武尊くんがヨーキッサダーをKOしてK-1最強を証明してくれたように、そういう本物をしっかり僕がマットに沈めてK-1最強を改めて証明したい」と堂々のKO宣言。「僕はずっと打倒ピケオーでいきたいし、ピケオーに初めて負けをつけるのは僕がやらないといけない」と改めてピケオーへのリベンジに闘志を燃やした。

シンスリヤー・サクチャイチョート(コメント代読)
「今回のK-1参戦は私とムエタイの強さを日本のファンに知ってもらう良い機会だと思う。この試合のためにムエタイの技をK-1ルールに適応させているので是非注目して欲しい。私は観客が喜ぶものがKO決着だということを理解している。野杁にはマットに沈んでもらう」

野杁正明
「前回ピケオーに負けて再起戦が8月の大阪に決まりました。再起戦の相手にしてはちょっと強過ぎるかなとは僕の中でも思ってるんですけど(苦笑)、そういう本物の相手とやることが目標でもありますし、今年の3月に武尊くんが現役ムエタイ王者のヨーキッサダーをKOしてK-1最強を証明してくれたんで。僕もここで負けるわけにはいきません。しっかり僕がシンスリヤーをマットに沈めて、K-1最強を改めて証明したいなと思ってます。

(シンスリヤーの映像を見た印象は?)ムエタイで活躍してるんですけど、ムエタイよりはK-1ルールに向いている戦い方なんじゃないかなって印象です。映像を見てる中では穴も見つけましたし、全然問題ない相手かなと僕の中では思ってます。(パンチ主体の戦い方だった?)ムエタイの選手は待ちのスタイルで近づいたら組んでヒザというイメージだと思うんですけど、自分がからガツガツ行くタイプでしたし、パンチ、ロー、あとは離れたら前蹴りを使う選手です。K-1ルールには問題なく順応してくるんじゃないかなって思ってます。

(このタイミングで対ムエタイというのは想像していた?)全然想像してなかったですね。ピケオー選手に1回負けて次誰とやるのかなと思っていて。自分の中でもやるんであれば僕はずっと打倒ピケオーでいきたいですし、ピケオーに初めて負けをつけるのは僕がやらないといけないと思っています。それを目指すにあたって大したことない相手とやっても良いアピールが出来ないと思うんで、こういった強い選手を呼んでもらえて嬉しく思いますね。

(前回の反省点と、それを今回確認してどうピケオー戦に向かう?)ちょっと自分らしく戦えなかったというか、自分らしく戦わせてくれなかったピケオーが強くて上手かった部分もあります。ただちょっと色々考え過ぎちゃった部分があったんで、冷静に僕らしく次は戦おうかなと思ってますね。技術的に変えるところは特になく、今までと変わらずパンチでも蹴りでもどちらでも倒せるように練習しますし、新たな技を習得するよりも、今のスタイルを確立させてもっと強くなれるようにやって行こうと思っています。

(タイ人相手に蹴り合いで負けないという自信は?)蹴りの一発の威力は、3月に武尊くんの蹴られた腕がすごく腫れて『金属バットで殴られているみたい』と言ってたんで、蹴りの威力は向こうの方があるかなと思うんです、ただ技のバリエーションは間違いなく自分の方が多いと思うんで。まあトータル的にも負けないと思いますね。(ムエタイ独特のリズムに対しては?)元々僕はムエタイルールで試合で試合もしてますし、プロになる前もタイに行ってルンピニースタジアムに上がって試合もしてますし、全体のリズムはそう不得意なイメージはないでず。前にいたジムでもタイ人トレーナーにミット持ってもらったりしてたんで、そこは問題ないと思います。

(ピケオー戦に近づくためにこの試合ではどういうことが求められる?)分かりやすく倒さないと駄目だと思います。去年の大阪大会に続いて1RKO目指して1Rからガツガツ行って必ず倒して勝ちたいなと思います。(年末には地元・名古屋でのK-1大会があるが?)今回負けちゃったら名古屋大会もオファーがかかるかどうか分かりません。しっかり無傷で勝って名古屋に向けて。良い勝ち方をすれば……誰と組まれるかは分からないですけど、名古屋は地元ですし、名古屋KRUSHが始まったのは僕が発言したのがきっかけでした。今回名古屋でK-1をやることが決まって、僕が出ないといけないと思いますし、そのためにも今回はしっかり倒して勝つことが最前提ですね」