2019.06.05

 6月4日(火)東京・K-1ジム五反田にて、6月30日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」のトーナメント一回戦でペッパンガン・モー.ラタナバンディットと対戦する玖村将史が公開練習を行った。

 兄・修平に続いてミット打ちを行った将史はパンチのコンビネーションを中心に披露。KRUSHの王座決定トーナメントも猛威を振るったスピード&一撃の破壊力をさらに向上させている。

「試合まで1カ月を切って、いい感じに集中して練習できています。今は『3試合しっかり戦える体力を』ということで、スタミナ強化と、なるべく早く倒せるような練習がテーマですね。走り込みを多くやったり、ミットの数を増やしたり、3試合分を想定して練習してます。やっている内容は変わらないけど、質と量を増やしているという感じです」

 1回戦の対戦相手は、初の外国人となるペッパンガン。「対策は?」との質問には、こんな答えが返ってきた。

「少しは対策をやってますが、それよりも、誰とやっても自分の戦いができるようにという練習をしてます。『この選手だからこうしよう』というのではなく、自分の戦いができれば自然と勝てると思うので」

 同じブロックの日本人としては、最後にエントリーが決まったKRUSHバンタム級王者・晃貴も出場する。

「準決勝で、KRUSHのチャンピオン同士で戦ったら面白いかなとは思いますけど、誰が上がってきてもいいです。ただ世界トーナメントということなので、外国人とやりたいなという気持ちもありますね」

 兄と同様、決勝は兄弟対決しか考えていないが、そうなると武居由樹とはこのトーナメントでは当たらないということでもある。武居と戦いたいという気持ちはないのだろうか?

「せっかく2人でトーナメントに出るので、ここまで来たからには決勝で兄とやるしかないですから。武居選手とは、このトーナメントに優勝した後に、タイトルを懸けてやりたいです。トーナメントで対戦しても、タイトルを懸けてまたやらないといけないので、だったらトーナメントでは兄弟でやって盛り上げて、勝って武居選手とベルトを懸けてやった方がいいと思います」

 試合までの練習についての話では、奇しくも兄・修平と全く同じ言葉が聞かれた。

「お互いに手の内は分かってるので、今さら環境を変えても一緒ですし、特に意識はしません。それよりも、決勝に上がることを意識してお互いに練習した方が、いいパフォーマンスを見せられると思うので。今は修平のことよりも、決勝に上がることを意識して練習してます」

 今回の両国大会は、K-1 JAPAN GROUPとしては初進出。さらに将史自身、K-1への出場は今回が初となる。それだけに反響は大きいという。

「両国国技館は、昔から名前を聞いていた有名な会場なので、そこで試合できるのはうれしいです。ただ、会場どうこうよりも、僕はK-1に出ること自体が初めてなので、そこが楽しみですね。

 KRUSHに出ていた時も反響が大きかったですけど、今回はそれ以上です。K-1はみんなが知っている舞台だし、兄弟で一緒に出してもらえるので、今までにないモチベーションになってますね。いつも地元から応援に来てくれるんですけど兄弟での出場だし、トーナメントというのもあって、いつも以上に来てくれます。

 家族からは『ケガせんといてなー』とは言われました。2人とも出してもらえるということと、2人が戦うかもしれないということで、はじめは複雑な感じだったと思いますけど、あのメンバーの中で2人とも決勝に上がって、世界最強を兄弟で決められるとなったら、イヤとか言ってる場合じゃないですからね。……ただトーナメントだからいいですけど、ワンマッチではやりたくないです(笑)」

 また、これも兄同様、ワンデー・トーナメントは初体験となる。そこで必要なものについては、こう語った。

「ケガをしないこと、それからメンタルが一番大事。技術があったところで、3試合できるメンタルがなかったら最後にやられちゃうと思うので、しっかり鍛えないと。メンタルを鍛えるというのは難しいですが、自分の持ってるものを最大限に伸ばして、日常の中でトーナメントに向けてどう生活していくか、ですね。技術も運もメンタルも、トーナメントでは全部必要なんじゃないかと思います」

「兄弟での決勝になったら、勝ちに徹することができるのはどちら?」との質問には、こう答えた。

「僕の方が勝ちに徹することはできる気がします。逆に修平は全力で倒しに来そうな気がしますね。ガンガン倒しに来ると思うので、それをいなしながら、ポイントを突いて攻める戦いができれば。2人とも同じスタイルだったら面白くないので、向こうがガツガツ来るんだったら、僕はテクニックを見せたいです」

 兄に先駆けてKRUSH出場を果たし、ベルトも巻いた将史。K-1での栄冠も兄より先に手に入れるのか、それとも……?