2019.06.05

 6月4日(火)東京・K-1ジム五反田にて、6月30日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」のトーナメント一回戦でサディック・ハシミと対戦する玖村修平が公開練習を行った。

 マスコミに公開した2分間のミット打ちでは、スピーディーな連打からのバックブローを何度か見せた修平。一躍名を上げた3月の金子晃大戦でもダウンを奪ったバックブローには、さらに磨きをかけているという。

「今までは勘だけで打っていて、パターンも1つしかなかったんですけど、金子戦後にトレーナーと練習して、今は4~5つぐらいできています。どの角度からでもバックブローを出せるし、倒せる自信もあります。

 前回の試合では『ラッキーな当たり』という声も多かったんですけど、相手が分かってても倒せるのが必殺技やと思うんで、逆に3試合全部、バックブローで倒して優勝しようかなと思ってます。そこは楽しみにしてほしいです」

 1回戦で対戦するハシミについてはこう語った。

「ムエタイルールの試合映像を2試合ほど見ましたが、長身で距離の長い攻撃が多いなという印象ですね。そこを警戒しつつ、中に入って速いパンチで仕留めたいと思ってます。これまではなかなか長身の選手と試合する機会がなかったので、どういう試合になるのか分からないですけど、ジムには背の高い人、階級が上の人もいっぱいいてるんで、そこは別に問題ないかなと思ってます。アグレッシブそうなので、噛み合ってゴチャゴチャした展開になって消耗してしまうのが一番イヤなので、かわしながらうまいこと入って、仕留めたいです」

 その先に見据えるのは、もちろん武居由樹戦だ。2人が1回戦の外国人をクリアすれば、準決勝で対戦することになる。

「1回戦はまず絶対勝たないといけないので気は抜けないですけど、この1年間、武居選手と戦うためにずっとやってきたので、その集大成として戦いたいですね。そのためにも1回戦は、パンチですぐ倒したいです。練習では1回戦の相手、武居選手と、ラウンドや時間で分けて対策しています」

 そして決勝では別ブロックにエントリーしている弟・将史との対戦を望む。

「弟が上がってきてくれると思うんで、会見でも言ったとおり“世界最強の兄弟喧嘩”をしたいと思います。ジムでは隣同士で練習してますが、トレーナーが分かれているので、そのトレーナーと一緒に心を痛めながら、弟の対策もしてます(笑)」

 実際、この日の公開練習でも、並んでウォーミングアップをしていた玖村兄弟。試合が近づいても、やはり練習環境を分けたりはしないつもりのようだ。

「お互いに手の内は分かってるので、今さら環境を変えてもという感じですね。決勝で2人でやれるというの、他の兄弟ではできないすごいことだし、そのためには他の強い選手に勝たないといけないので、一緒に練習していても意識してピリピリしたりはしないと思います」

 性格的には「弟の方が頑固」と言うが、リング上での違いはどうなのだろうか?

「技術もパワーも弟の方があると思うけど、泥臭さとか精神力は僕が上だと思います。トーナメントではそこが必要なので。腹くくってやるしかないので、倒すつもりでいきます」

 自身初のワンデー・トーナメントでもあり、対戦したい相手も多い。だからこそ強い意気込みを持って臨んでいる。

「僕はテクニックよりも、気持ちで前に出て戦う方なので、トーナメントでは気持ちとスタミナが重要。あとはダメージをいかに負わずに戦うかですね。今はスタミナを徹底的に鍛える練習をしています。武居戦が決勝戦だと思っていて、決勝より厳しい戦いになると思うので、そこでは先のことは考えずに戦いたいですね。武居選手とやるためにずっとやってきたし、その先に決勝があると思うので。最後は兄弟対決で勝って優勝して、最終的には弟がKRUSHのベルトを肩にかけて、僕がK-1のベルトを肩にかけて写真を撮りたいです。そこは譲れないですね」

 理想の展開になれば、準決勝で武居を乗り越え、決勝で弟に勝って優勝。そこから一気にK-1王者へ。兄・修平の夢は実現するのか?