2019.05.21

 5月21日(火)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて記者会見が行われ、6月30日(日) 両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」の第三弾対戦カードが発表された。

 プレリミナリーファイトのスーパー・ライト級で迅也vs寺島輝の一戦が決定した。二人は共にK-1アマチュアを経てプロデビューを果たし、寺島は今年4月の「K-1 KRUSH FIGHT.100」で鮮烈なKOデビューを飾ったばかりだ。また迅也は小宮山工介、寺島は大沢文也の後輩でもあり、K-1のトップで活躍する先輩たちと同じ日に両国のリングに立つことになる。

寺島輝
「プロ2戦目でこんな大きい舞台に呼んでいただいて本当に嬉しく思ってます。呼んでいただいたからには思いっきり楽しんで暴れてやろうかなって思ってるんで応援よろしくお願いします。(大沢文也と小宮山工介という偉大な先輩と同じ日にリングに立てることについて?)同じ舞台に立てること自体は本当に嬉しいことなんですけど、自分の先輩は今回の試合で進退をかけている大きい試合になると思うので、その試合に勢いづけられるように自分がしっかり良い試合をして勝つだけだと思ってます。

(この大舞台でアピールしたいポイントは?)自分のアピールポイントとしては色んな引き出しの多さを見て欲しいと思ってます。どんな状況でも試合を圧倒できるように仕上げてくるんで、色んな武器があるんでその武器を全部見ていただけたらなと思ってます」

迅也
「前回の敗戦から約5カ月振りの復帰戦なんで本当に気合入ってます。しっかり仕上げて倒せる練習をしてきます。(大沢文也、小宮山工介という偉大な先輩と同じ日にリングに立てることについて)僕も素直に嬉しいですね。今までプロ3戦やって同じ日に試合をやるのはこれが初めてなので。僕がしっかり勝ってつなげたいと思います。(この大舞台でアピールしたいポイントは?)僕は蹴りの方が得意なんですけど、今回の試合に向けて凄いパンチを強化してるんで1R目から打ち合いたいなと思ってます」