2019.05.19

 5月19日(日)東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにて『「K-1 WORLD GP」6.30両国大会 ロクテンサンゼロK-1見ようぜ!by 東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ』が行われた。

 このイベントは6月30日(日)東京・両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」に向けた無料公開イベントで、両国大会の出場選手たちが参加した。

 イベントにはK-1の解説でもお馴染みの久松郁実さんがゲストMCとして登場し、昨日の「K-1 KRUSH FIGHT.101」でK-1参戦が発表された不可思も登場。スーパーファイトに出場する選手達が試合に向けての意気込みを語った。各選手のコメントは以下の通り。

不可思
「K-1は前から魅力を感じていましたし、色んな団体に出てK-1には出たいと思っていました。いよいよK-1に来たって感じで、誰よりも僕がワクワクしています。K-1で暴れてやろうと思っています。速攻でベルトを獲りに行きます。(同じ日にタイトルマッチもあるが?)ゲーオ選手が完封するか。瑠輝也選手も爆発力があるんで、1Rで倒すのもありえるんじゃないかなと思います。(次は勝った方とやりたい?)自分でもそう思っていますし、そのくらいの試合をしたいと思います。(どんな自分をアピールしたい?)熱い試合を見せることには自信があるんで、お客さんも熱くなると思います。楽しみにしていてください」

大岩龍矢
「(芦澤竜誠戦に向けての心境は?)正直自分もめっちゃ楽しみな試合です。(芦澤が)あんな感じじゃないですか。ボコボコじゃなくてワンパンで仕留めるところをみんなに見せたいですね。試合決まってから自分だけじゃなくて、周りから『アイツ嫌いだからマジでやってくれ』って100人ぐらいに言われて。相当な圧が今かかってるんで、その人たちのためにも倒すしかないかなと思います。(ここからの目標は?)目標はやっぱりみんながヤバイって思うようなKO勝ちをして、ずっとやりたいって言ってる皇治戦を実現したいかなって思ってます。(ファンの皆さんへメッセージは?)芦澤選手にエグイKO勝ちするんで、その倒れ方を注目ヨロシクお願いします!」

大沢文也
「対戦相手の里見選手は上手くて強い選手だなと思ってます。でもK-1ファンの人も分かると思うんですけど(自分とやるには)まだちょっと早いかなって。レベルが全然違うと思うんで格の違い見せます。今回の試合は自分で勝ち負け関係なしに、勝っても自分で納得できなかったら格闘技人生とおさらばかなって。引退しないように良い試合しようかなと思ってます。もう1回男を見せられるような試合が出来たら大丈夫です。(ファンの皆さんへメッセージは?)6月30日両国大会は凄く好カード、良い試合が見れるような大会だと思うんで、皆さんプレリミナリーファイトから目を離さず注目してください」

小宮山工介
「対戦相手のレオナ選手は間合いが広い感じでやってくるんで、僕もパンチと蹴りで。蹴りを楽しみにしててください。(ファンの皆さんへメッセージは?)両国大会楽しみにしててください。頑張ります、押忍!」

村越優汰
「(フォー・シャオロンは未知の強豪と言われているが、チャンピオンとしてどんな試合をする?)本当に会見でも言ったんですけど、やっぱり一戦一戦大事に思ってて。前回タイトルマッチだったんですけど、今回も同じぐらいの気持ちで挑もうと思ってます。(魔裟斗さんが前回の試合後に「村越選手は本当に格闘技をやってる人にしか分からない技を一杯持っている」とおっしゃっていたが?)自分にしか出来ないテクニックだったり技術があるんで。伝わりづらいんですけど、そういうところを伝えていけたらなって思います。(ファンの皆さんへメッセージは?)今回は凄い豪華なカードばっかで普通にお客さんとして見に行きたいんですけど、その日試合に出ます(笑)。今回は攻めの村越を見せようと思ってるんで、倒すところを皆さん見に来てください」

レオナ・ペタス
「(久しぶりのK-1だが?)今はめっちゃ緊張してます。(対戦相手の印象は?)小宮山選手はさっきとても良い人でした(笑)。まあ試合と日常生活は違います。(普段は試合と違って大人しい?)そうですね。普段は全然。(スーパー・フェザー級の日本人で一二を争う実力者対決だが?)頑張ります。でも今の方が緊張してます(苦笑)。(ファンの皆さんへメッセージは?)今はめっちゃ緊張してますけど、試合の時は全然違う感じなんで楽しみに見に来てください」

里見柚己
「(対戦相手が大沢文也だが?)最初は階級上げて一発目だったんで普通ぐらいの選手かなと思ったら、まさか去年のトーナメント2位の選手でめっちゃ驚きました。だけど別にここを逃げる必要もないんでしっかり受けて、今はもうテンションめっちゃ上がってますね。(凄いチャンスだが?)自分が一番チャンスなんじゃないですかね? ここで勝って自分が今回の両国大会で一番目立ってやろうかなと思ってます。(ファンの皆さんへメッセージは?)自分のことを知ってる人少ないと思うんですけど、自分はちっちゃい頃からK-1を見て育って、ずっと毎日必死にK-1を見ながら練習して、やっと今この舞台に立てるとこまで来ました。当日はK-1初参戦なんですけど、しっかり大沢選手という大物を倒して次のステージに行きたいと思ってて、ここは通過点としか思ってないです。当日は最高の応援お願いします」

鷹大
「(今の心境は?)こういうの慣れてないんで吐きそうです(苦笑)。(対戦相手が小澤海斗だが?)本当に僕としてはチャンスなんでモチベーション上がりっぱなしですね。試合までしっかり仕上げてちょっと衝撃を与えようかなと。だから期待しててください。応援よろしくお願いします。(相手が小澤選手だと最初に聞いた時は?)もう即決でやると決めました。強い弱い関係なく小澤海斗って名前聞いた瞬間にこれはもう有名になるチャンスだなと。(ファンの皆さんへメッセージは?)記者会見で小澤選手に『黙ってろカス』って言われたんで、当日は静かにぶっ倒します」