2019.05.19

 5月19日(日)東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにて『「K-1 WORLD GP」6.30両国大会 ロクテンサンゼロK-1見ようぜ!by 東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ』が行われた。

 このイベントは6月30日(日)東京・両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」に向けた無料公開イベントで、両国大会の出場選手たちが参加した。

 この日、スーパー・ライト級タイトルマッチで対戦する王者ゲーオ・ウィラサクレックと挑戦者・安保瑠輝也による公開調印式が行われた。今回が第3代王者としての初防衛戦となるゲーオは「試合まであと40日なので、今は厳しい練習を続けています。試合当日にお会いしましょう」と静かに闘志を燃やす。

 一方、待望の王座初挑戦の安保は「ずっとワクワクが止まらなくて、今日ゲーオ選手の顔を見てモチベーションが上がりました。今は心技体が揃っていて、この状態のまま本番になれば自ずとKOできると思う。最高の試合をするので楽しみにしてほしい」とKOでの王座奪取を宣言した。