2019.05.19

 5月19日(日)東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにて『「K-1 WORLD GP」6.30両国大会 ロクテンサンゼロK-1見ようぜ!by 東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ』が行われた。

 このイベントは6月30日(日)東京・両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」に向けた無料公開イベントで、両国大会の出場選手たちが参加した。

 イベントにはK-1スーパー・フェザー級王者・武尊も登場し、スペシャルトークショーを実施。冒頭で昨夜のAbemaTV「格闘代理戦争」の一件についてファンに謝罪すると、その後は右拳の回復状況や両国大会の見所も語り、K-1非公認キャラのタローとも触れ合った。なおK-1では改めて会見の場を設定し、そこで昨夜の件についてコメントを発表する予定だ。

武尊
「昨日は格闘代理戦争を見ていた皆様、お騒がせして申し訳ありませんでした。僕らがちょっと個人的なことで、話題をそっちに持って行ってしまいました。昨晩、ちゃんと話し合いは終わりました。まずは昨日戦った選手たちを称えてあげてください。

(右拳の状況は?)だいぶ握れるようになってきました。今は右手以外は使わないで普通に練習やってますね。スパーは軽く当てるマススパーだけはやっています。(欠場期間にも多くメディアに出ているが?)ありがたいですね。そういう番組に出ると全く格闘技に興味なかった人がK-1を見に来てくれるので。

(6月は自分が出ない大会だが?)初の両国大会なんで絶対出たいと思ってたんですけど…だから最初は自分がいない大会というのが嫌でした。でも後輩の晃貴がトーナメントに出場することになって、大会の華であるトーナメントに後輩の晃貴が出てくれるのは嬉しいですね、晃貴には『トーナメントはキツイよ~』と言っています(笑)。

(トーナメントを勝つ秘訣は?)どれだけダメージなく勝ちあがれるかだと思います。KOで勝ち上がる選手が大体決勝に残るので、僕はそれが秘訣かなと思いますね。1日3回ではなく、目の前の試合だけやるつもりで戦った方がいいと思います。また晃貴以外にも同門の(大岩)龍矢も出るので、そこも楽しみです。今は怪我で試合に出られないですが、晃貴や他の選手が両国を盛り上げてくれると思うんで、僕は年内に試合に出るつもりでリハビリ頑張ります」