2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の一夜明け会見が行われた。

 昨年9月の初代クルーザー級王座決定トーナメントを制して王者となったシナ・カリミアン。挑戦者・加藤久輝との初防衛戦では、加藤を相手にリーチを活かした前蹴りを駆使するなど、より洗練された戦い方で判定勝利した。

 一夜明け会見では「昨日の試合は良い結果を出せて本当に嬉しく思うし、ファンの皆さんに喜んでもらえたことが本当に嬉しい」と試合を振り返り、前日計量で乱闘寸前になった加藤に対しては「カトウはおしゃべりが過ぎるから、自分はリング上でパンチで回答してあげたまでだ」とキッパリ。

「K-1という歴史のある有名なプロモーションで戦えていること、K-1では名前を知られている大勢のファイターが戦っているし、そのK-1の一部であることを心から誇りに思う」とK-1王者としての誇りを語った。

「昨日の試合は良い結果を出せて本当に嬉しく思うし、ファンの皆さんに喜んでもらえたことが本当に嬉しい。(対戦した加藤選手の印象は?)彼に対しての印象は試合前と変わっていない。試合前にも言ったように、彼はおしゃべりが過ぎる。だから自分はリング上で、パンチで回答してあげたまでだ。

 K-1という歴史のある有名なプロモーションで戦えていることを本当に嬉しく思う。K-1では名前を知られている大勢のファイターが戦っているし、そのK-1の一部であることを心から誇りに思う。

(トーナメントの時より戦い方が洗練されていた印象があったが、日本に残ってトレーニングしていた成果が出た?)もちろん日本に残って練習することは、新しい環境で知らないこともたくさんあって大変だったが、その中で順応して新しい発見もあったし、結果として自分の戦い方に影響があり、良い結果を生み出せたことは本当に嬉しい。

(試合後には他団体のチャンピオンとの対戦をアピールしていたが?)アーテム・バキトフ(GLORY王者)というロシアのキックボクサーの名前を出したが、彼とそういう機会が与えられたら嬉しいし、そこはK-1にお任せするよ」